Entries

スポンサーサイト

五月雨

春の長雨です。通勤時はこの雨で少々憂鬱にもなりますが、見方を変えれば、しっとりとした五月雨。情緒豊かなこの季節。朝の玄関先には白バラ一輪。Fair Bianca(フェア・ビアンカ)が咲いています。ミルラの香りを辺りに漂わせ、眠い目に白が鮮やかに映ります。クレマチスも咲いてきました。インテグリフォリア系のC. Juuli(ユーリ)です。フェア・ビアンカの白とよく似合っています。4月は走馬灯のように駆け抜けた一月でした。今...

気が付けば・・・。

久しぶりの更新。ネタのあるなし云々ではなく、ここの所多忙を極め、家に帰るとバタンキュー。日々5時から6時の間に起き、学校で教鞭を取り、夜は英会話学校での仕事。ちょっと働きすぎですかね・・・?ようやくこの生活のリズムにも慣れ始めたかな?仕事量もう少し増やそうとしている自分は無謀なのかも?が!今、若いうちに頑張らなくてはどうする!・・・と自分に言い聞かせて毎日猪突猛進していきたいと思っています。そんな...

a couple of more english roses...

5月ももう終わり。今年はバラにとっては過酷なシーズンとなってしまいました。もう大分散ってしまったけれど、我が家のバラの5月の記憶をたどってみることにします。William Morris(ウイリアム・モリス)。1998年作出。香りは軽いフルーツですが、ちょっとティーも混じっている気がします。アプリコットだからと長らく敬遠してきたバラですが、退色したときのピンクは本当に綺麗なんですね。本当に本当にいいバラです。こんな...

springtime for the two Williams

ずっと欲しかったバラ、William Shakespeare(ウイリアム・シェイクスピア)。1987年、デイヴィッド・オースティン作出。現在ではその酷似した次世代花、William Shakespeare 2000の流通が主で、この初代(?)シェイクスピアはイギリスでは絶版です。その理由は病気に弱いこと。確かに弱いバラです。一年育ててみての実感です。大きくなるまでに時間もかかるバラ。巷で強健種と言われているバラは何も病害虫に強いだけでなく、その...

毎日こんな天気だったら、ね。

ようやくすっきりとした天気です。ここ数日は雨ばかりでした。おかげでせっかくの開花したバラも灰カビで傷んでしまったり、開ききれなかったりで、かわいそうなことをしました。天気相手ですからどうにもならないのが残念ですね。先々週からの風邪が治ったと思いきや、ここのところ、雨天続きと相まって、なんだかんだと忙殺されていました。特に、携帯電話をdocomoからauへと変えてみたら、これが大変。単なる機種変更と違って、...

Appendix

プロフィール

kazu

Author:kazu
東京都在住、196×年生まれ、男性。
英語教師をしながらベランダでオールドローズ、クレマチス、ヘレボルス等の植物を育てています。そして愛犬、茶々丸との生活・・・。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おことわり

画像の無断使用はお控え下さいますようお願いいたします。ブログ内の画像・文の著作権は管理人kazuの所有となっております。 コメントを残してくださってありがとうございます。コメントに関しましては、他者への中傷、罵詈雑言、過度な議論等は避けていただきますようお願いいたします。そのようなコメントがあった際には、管理人の判断で削除することもありますので、あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。 ご意見・連絡等ございましたら、メールフォームより管理人にお知らせ下さい。 copyright(C)2006 rosarium in the sky, All Rights Reserved.

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。