Entries

スポンサーサイト

a rose companion

今日は一日雨降りです。しかしまあ、よく降りますね。絶対、梅雨入りしてるな・・・。今日は雨になることがわかっていたので、昨日夕方には剪定すべきものは終わらせてしまおうと思い、バラの花柄切り、クレマチスの一部を切りまくりました。一日遅れですが、その様子を少し紹介。旧枝咲きのクレマチスは冬には扱いが丁寧なボクですが、この季節は容赦しません。もちろん株元から切るようなマネはしませんが、長さを調節しないと後...

秋、最初で最後の競演。

我が家のベランダでは今、クレマチスが真っ盛り。バラが途切れた季節をいつも上手くカバーしてくれる優れもの。ホント、重宝しております。^^さあ、今年最後のクレマチスです。なかなか出会うことのない、二つのクレマチスがようやく顔を合わせてくれました。リバーシブルな紫をイメージしたテッセンとロマンティカ。次に一緒に咲きそろうのはいつの事でしょうか。そう思うと今のこの姿を早く写真に収めておきたくなりました。...

'Rhapsody in Blue'

いよいよクレマチスも三番花。あ~、もう一年の半分以上過ぎちゃったじゃないか!!今年もノラリクラリの一年になりそうな…。人生も残り半分!?焦る焦る…。我が家で一番青いクレマチス、Rhapsody(ラプソディー)。ジャックマニー系らしく花弁がシャープでいい。たっぷりと花を付けてくれて嬉しい。今晩はガーシュウィンでも聞こうかな。...

black beauty

クレマチス、ロマンティカ(Romantika)の二番花がたくさん咲いた。一季咲きのオールド・ローズにまた花が咲いたようで嬉しいな。緑と黒花のコントラストがとても爽やかで、リビングから見えるこの景色は一服の清涼剤。花弁はベルベットのような質感。しかし、見れば見るほど黒いな。夕暮れ時なんかは真っ黒だぞ、君…。...

お江戸のクレマチス

奥ゆかしく紫をちりばめたクレマチスはテッセン。学名はC.florida var. sieboldiana。中国原種。この品種は日本へ寛永年間(1624~1643)に渡来したそうだ。名はツルが鉄線のように強いことが由来なのだそう。ボクのベランダでは、Reine des Violettes(レーヌ・デ・ヴィオレット)の株に絡まっている。(冬の誘引が今から恐ろしい。^^;)江戸の昔から伝えられた花が、東京の片隅で、今、ひっそり咲いているなんて、何だかすごくミラクル...

Appendix

プロフィール

kazu

Author:kazu
東京都在住、196×年生まれ、男性。
英語教師をしながらベランダでオールドローズ、クレマチス、ヘレボルス等の植物を育てています。そして愛犬、茶々丸との生活・・・。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おことわり

画像の無断使用はお控え下さいますようお願いいたします。ブログ内の画像・文の著作権は管理人kazuの所有となっております。 コメントを残してくださってありがとうございます。コメントに関しましては、他者への中傷、罵詈雑言、過度な議論等は避けていただきますようお願いいたします。そのようなコメントがあった際には、管理人の判断で削除することもありますので、あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。 ご意見・連絡等ございましたら、メールフォームより管理人にお知らせ下さい。 copyright(C)2006 rosarium in the sky, All Rights Reserved.

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。