Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://skyrosarium.blog69.fc2.com/tb.php/106-162e40a9

-件のトラックバック

-件のコメント

[C1568] こんばんは♪

kazuさん。こんばんは♪

カトリック信者ではないのですが
何故か幼稚園はカトリックで
屋根には十字架、日曜日にはポケットに10円玉を忍ばせてミサを・・・
献金入れの帽子が回ってきて・・
あ~懐かしい。
すっかり忘れていました。

聖書に学ぶことって、たくさん有りますよね(*^_^*)

[C1569] おはようございます

週末は目黒の教会にいらしたのですね。
見ていると心が清らかになっていくような美しいお写真ですね。
こちらの教会には音楽会で何度か伺ったことがあります。
音楽会が始まるまでの間、いつもこの美しい十字架をみつめていました。
グリーンと赤の落ち着いた光を放つ貴石が気になって・・・
聖堂が出来た時のお話も教えていただきましてありがとうございました。
  • 2008-03-24
  • May
  • URL
  • 編集

[C1570] こんにちは

初コメントさせてもらいました。
ちょっぴりドキドキです。

俺も、幼稚園はカトリックでしたよ。
ミサで、神父が食べていたものが、ガムに見えてうらやましく思っていました。汗

この教会、モダンでとても美しいですね。
教会というと、クラシカルなイメージが強かったので、こんな素敵なデザインの教会もあるのかと勉強になりました。

[C1571]

kaoriさん、こんばんは。

幼稚園の時のkaoriさんはやはり植物好きだったのでしょうか?
何かのきっかけでふと幼少時を思い出すことってありますよね。
10円玉ポケットに・・・。
かわいい思い出ですね。

聖書は今はあまりもう読みませんが、
オドロオドロしい話も結構あって読み物としても
結構楽しいです。^^

[C1572]

Mayさん、こんばんは。

おでかけになったことがあるんですか!
目黒カトリック教会は建築物としても有名ですから、
いろんな催しが開かれているようですね。
ボクも昔はこちらでグレゴリオ聖歌を歌っておりました。
教会音楽の会は意外と教会でやったりするので、
いろんな古い建築を見るのも楽しいですよね。^^

[C1573]

tomoさん、はじめまして! 爆
コメントありがとうございます。^^;

ミサでいただくものはガムではありません。汗
聖体と呼ばれていて、信者はキリストの身体と
信じていただくのです。これを聖体拝領といいます。
味はウエハースだよん。笑
いや、ホントに。
ま、信者でない人が食べても害はないので、
いつかお一ついかがかな?
・・・その前に洗礼受けろと言われるがな。笑

20世紀後半はモダンな意匠の教会も増えましたね。
目白にある東京カテドラル司教座聖堂も
丹下健三建築で有名です。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

天使が降りて来そうなほど。



今日、土曜日は目黒のカトリック教会へ友人と出かけました。
復活徹夜祭のミサに出席するためです。
古来、ユダヤ教、キリスト教では日没を一日の始まりとするので、
夕方にはキリストの復活した日曜日が始まったことを記念します。
この「復活徹夜祭」と呼ばれる荘厳ミサは、
初代教会の昔から、最も意味深く、また盛大に祝うお祭りです。
実際には徹夜はしませんが、夜を通してキリストの復活を待つという意味が込められています。
今からリレーのように世界中のあちこちでこの徹夜祭が祝われるのです。

人の背丈ほどもある大ろうそくを灯すことから始まるこのミサは
2時間以上の時間を費やすほどの長い典礼ですが、
その内容は2千年かけて作られてきただけに荘厳そのものです。
洗礼の水、鐘やパイプオルガンの深みのある音、ステンドグラスとろうそくの光、
そして聖堂に立ち上るお香。
すべての要素が人の五感に訴え、いやがうえにも復活の喜びへと人々を誘います。

毎週日曜日にミサに出るほど熱心な信者ではないボクでも、
この日だけは特別です。
一年に一度だけは何としても、
この日、聖体(キリストの身体を表すパンと葡萄酒)をいただき、
希望に満ちた新たな一年をスタートしたいと思うのです。

画像は目黒カトリック教会の祭壇ですが、
この聖堂すべてが建築家アントニン・レイモンドの作品です。
レイモンドはフランク・ロイド・ライトの弟子として、
大正時代に来日しては精力的に日本各地に足跡を残しています。
彼はその多くの作品が重要文化財になっているほどの建築家ですが、
ライトの影響から抜け出すのに晩年非常に苦労したそうです。
この聖堂は彼がその影響から脱皮した後の、
モダニズムに傾倒したころの作品としてよく知られています。
黄金の天蓋からはフランシスコ会によく見られるような様式のラテン十字。
四方にはイコンがはめ込まれています。

祭壇にはラテン語でper ipsum, et cum ipso, et in ipsoの文字が。
「主によって、主と共に、主の内に」。
ミサで毎週必ず盛大に歌われる文言です。
今日のように希望に満ちた日にはこの文句がいつもより心に沁みます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://skyrosarium.blog69.fc2.com/tb.php/106-162e40a9

0件のトラックバック

6件のコメント

[C1568] こんばんは♪

kazuさん。こんばんは♪

カトリック信者ではないのですが
何故か幼稚園はカトリックで
屋根には十字架、日曜日にはポケットに10円玉を忍ばせてミサを・・・
献金入れの帽子が回ってきて・・
あ~懐かしい。
すっかり忘れていました。

聖書に学ぶことって、たくさん有りますよね(*^_^*)

[C1569] おはようございます

週末は目黒の教会にいらしたのですね。
見ていると心が清らかになっていくような美しいお写真ですね。
こちらの教会には音楽会で何度か伺ったことがあります。
音楽会が始まるまでの間、いつもこの美しい十字架をみつめていました。
グリーンと赤の落ち着いた光を放つ貴石が気になって・・・
聖堂が出来た時のお話も教えていただきましてありがとうございました。
  • 2008-03-24
  • May
  • URL
  • 編集

[C1570] こんにちは

初コメントさせてもらいました。
ちょっぴりドキドキです。

俺も、幼稚園はカトリックでしたよ。
ミサで、神父が食べていたものが、ガムに見えてうらやましく思っていました。汗

この教会、モダンでとても美しいですね。
教会というと、クラシカルなイメージが強かったので、こんな素敵なデザインの教会もあるのかと勉強になりました。

[C1571]

kaoriさん、こんばんは。

幼稚園の時のkaoriさんはやはり植物好きだったのでしょうか?
何かのきっかけでふと幼少時を思い出すことってありますよね。
10円玉ポケットに・・・。
かわいい思い出ですね。

聖書は今はあまりもう読みませんが、
オドロオドロしい話も結構あって読み物としても
結構楽しいです。^^

[C1572]

Mayさん、こんばんは。

おでかけになったことがあるんですか!
目黒カトリック教会は建築物としても有名ですから、
いろんな催しが開かれているようですね。
ボクも昔はこちらでグレゴリオ聖歌を歌っておりました。
教会音楽の会は意外と教会でやったりするので、
いろんな古い建築を見るのも楽しいですよね。^^

[C1573]

tomoさん、はじめまして! 爆
コメントありがとうございます。^^;

ミサでいただくものはガムではありません。汗
聖体と呼ばれていて、信者はキリストの身体と
信じていただくのです。これを聖体拝領といいます。
味はウエハースだよん。笑
いや、ホントに。
ま、信者でない人が食べても害はないので、
いつかお一ついかがかな?
・・・その前に洗礼受けろと言われるがな。笑

20世紀後半はモダンな意匠の教会も増えましたね。
目白にある東京カテドラル司教座聖堂も
丹下健三建築で有名です。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

kazu

Author:kazu
東京都在住、196×年生まれ、男性。
英語教師をしながらベランダでオールドローズ、クレマチス、ヘレボルス等の植物を育てています。そして愛犬、茶々丸との生活・・・。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おことわり

画像の無断使用はお控え下さいますようお願いいたします。ブログ内の画像・文の著作権は管理人kazuの所有となっております。 コメントを残してくださってありがとうございます。コメントに関しましては、他者への中傷、罵詈雑言、過度な議論等は避けていただきますようお願いいたします。そのようなコメントがあった際には、管理人の判断で削除することもありますので、あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。 ご意見・連絡等ございましたら、メールフォームより管理人にお知らせ下さい。 copyright(C)2006 rosarium in the sky, All Rights Reserved.

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。