Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://skyrosarium.blog69.fc2.com/tb.php/118-34fb3a63

-件のトラックバック

-件のコメント

[C1694]

kazuさんおはようございます。
お風邪、だいぶんよくなられたようでよかったです。今日は雨もやんで茶々君待望のお散歩に行けるかな?

フランシス・デュブリュイ、美しい~!
ベルベットでできているとしか思えませんね。
濃い暗赤色って写りにくいですね。
kazuさんにも薦めていただいて買ってしまった
ウイリアム・シェークスピア2000が咲いても
私の携帯じゃきっと色がでないんだろうなー。
初めての花が待ち遠しいのですが…。

ハワイのレイ、ひとつづつ見たらどんなかたちの花なんでしょうね。こんなにたくさんの蘭って贅沢ですねーすてき。
  • 2008-05-04
  • minibaramama
  • URL
  • 編集

[C1695]

minibaramamaさん、おはようございます。

風邪、昨日仕事行ったらぶり返しまして、
ゴホゴホやってます。泣
バラの季節を迎える前に体調管理しないと
いけませんね。^^;

デュブルイユ、本当に綺麗に咲いてくれました。
このバラこんなによかったけか~?
・・・って思ってしまいましたよ。
しっかり水上げした花弁はベルベットそのものです。
思わず見入ってしまいます。

ウイリアムシェイクスピア2000、買ったのですね。
画像が上手くとれなくても、花自体は素晴らしいですから、この春、楽しんでくださいね。
アップ楽しみにしてますから。
ちなみにウチでも開花はまだですね。

蘭の花びらもベルベットのようです。^^

[C1711]

Francis Dubreuil
本来の色、とてもよく撮れてますね。
この子、濃厚な香りがするのではないですか?
お部屋が香りで満たされそうですね。
風邪ぶり返したとか、どうぞお大事になさって下さい。
  • 2008-05-05
  • kayomi
  • URL
  • 編集

[C1712]

kayomiさん、こんばんは。

こうした色は写真ではなかなか綺麗に出ません。
明るい色の花を添えると色が出やすいです。
香りはとても強くて近くによると漂ってきます。

お優しい言葉ありがとうございます。^^

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

表現できない色



昨日からよく降る雨です。
茶々丸も散歩に行けず、飼い主も時間を持て余し気味。
こんな時はカメラ片手にベランダに出るとします。
曇りや雨の日は花の写真を撮るのに最適です。
花の本来の色に近づける気がします。

それでもなお気難しい色は紅、紫などの深みのある色。
こういった色は強い日差しの下で撮影しようものなら、
色が飛んでいい写真にはなりません。
だから紅を撮るにはこんな日が最適なんです。


Archiduc Joseph(アルシデュック・ジョゼフ)。
1872年、フランスにて作出のティーローズ。
銅色の変わった色合い。
この春は少しピンクが強いようです。
雫を纏ったロゼットが印象的でした。




手が届かないところにある鉢は早々に切り花にするが良しです。
Francis Dubreuil(フランシス・デュブルイユ)。
1894年、フランスにて作出のティー。
ティーの香りというよりは華やかなダマスクの香りがします。
この色を撮るのは本当に難しい。
同色だけで撮るとどうしてものっぺりとしてしまうので、
明るい色のバラと合わせてみました。
自画自賛ですが、デュブルイユ本来の色に近いかと思います。

隣のバラはSouvenir d'Elise Vardon(スヴニール・デリーズ・ヴァルドン)。
こちらの方はもう少しピンクが強いような・・・。^^;
アプリコットを楽しむには欠かせないティーローズ。
1855年、フランスにて作出。




ずっと調子の悪かったEugene de Beauharnais(ウジェーヌ・ド・ボーアルネ)。
1838年、フランスにて作出のチャイナローズ。
昨冬、テラコッタに植え替えて、玄関先の一番日当りのいいところに移しました。
おかげですっかり調子もよくなり、これまでで一番の花を咲かせてくれました。
香りは非常に強いダマスクです。
雨の玄関先、湿潤な空気の中にこの香りが溶け込んでいます。
色が飛んでしまって見えますが、こういった色の花です。
秋になるともっと落ち着いて黒を含んだいい色合いになるのですが、
春は華やかそのもの。

マキマキでクシュクシュで香る香る・・・。
見事なクォーターロゼットですね。




最後はバラではありません。^^;
友人がハワイ州観光局のイベントに参加した際に頂いてきたレイです。
もちろん生花の蘭が使われています。
香りはしませんが、息を呑む美しさです。
白と紫の対比がこの上ない組み合わせ。
上品です。

ホノルルの空港で買うと高いんですよ、これ。
こんなに良い物を頂けて感謝です。
どのくらい日持ちするものなのでしょうか?

画像をアップしたらその出来栄えにはちょっと不満。
もっとシックでいい色なんだがなあ。


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://skyrosarium.blog69.fc2.com/tb.php/118-34fb3a63

0件のトラックバック

4件のコメント

[C1694]

kazuさんおはようございます。
お風邪、だいぶんよくなられたようでよかったです。今日は雨もやんで茶々君待望のお散歩に行けるかな?

フランシス・デュブリュイ、美しい~!
ベルベットでできているとしか思えませんね。
濃い暗赤色って写りにくいですね。
kazuさんにも薦めていただいて買ってしまった
ウイリアム・シェークスピア2000が咲いても
私の携帯じゃきっと色がでないんだろうなー。
初めての花が待ち遠しいのですが…。

ハワイのレイ、ひとつづつ見たらどんなかたちの花なんでしょうね。こんなにたくさんの蘭って贅沢ですねーすてき。
  • 2008-05-04
  • minibaramama
  • URL
  • 編集

[C1695]

minibaramamaさん、おはようございます。

風邪、昨日仕事行ったらぶり返しまして、
ゴホゴホやってます。泣
バラの季節を迎える前に体調管理しないと
いけませんね。^^;

デュブルイユ、本当に綺麗に咲いてくれました。
このバラこんなによかったけか~?
・・・って思ってしまいましたよ。
しっかり水上げした花弁はベルベットそのものです。
思わず見入ってしまいます。

ウイリアムシェイクスピア2000、買ったのですね。
画像が上手くとれなくても、花自体は素晴らしいですから、この春、楽しんでくださいね。
アップ楽しみにしてますから。
ちなみにウチでも開花はまだですね。

蘭の花びらもベルベットのようです。^^

[C1711]

Francis Dubreuil
本来の色、とてもよく撮れてますね。
この子、濃厚な香りがするのではないですか?
お部屋が香りで満たされそうですね。
風邪ぶり返したとか、どうぞお大事になさって下さい。
  • 2008-05-05
  • kayomi
  • URL
  • 編集

[C1712]

kayomiさん、こんばんは。

こうした色は写真ではなかなか綺麗に出ません。
明るい色の花を添えると色が出やすいです。
香りはとても強くて近くによると漂ってきます。

お優しい言葉ありがとうございます。^^

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

kazu

Author:kazu
東京都在住、196×年生まれ、男性。
英語教師をしながらベランダでオールドローズ、クレマチス、ヘレボルス等の植物を育てています。そして愛犬、茶々丸との生活・・・。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おことわり

画像の無断使用はお控え下さいますようお願いいたします。ブログ内の画像・文の著作権は管理人kazuの所有となっております。 コメントを残してくださってありがとうございます。コメントに関しましては、他者への中傷、罵詈雑言、過度な議論等は避けていただきますようお願いいたします。そのようなコメントがあった際には、管理人の判断で削除することもありますので、あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。 ご意見・連絡等ございましたら、メールフォームより管理人にお知らせ下さい。 copyright(C)2006 rosarium in the sky, All Rights Reserved.

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。