Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://skyrosarium.blog69.fc2.com/tb.php/216-38119d01

-件のトラックバック

-件のコメント

[C2282]

kazuさん、こんばんは。
アトロルーベンスの大株、こんなに花芽があると開花が楽しみですね。

以前は、花には葉があるものと思っていましたが、
最近、考えが変わってきました。
花立ちの美しさこそクリスマスローズの魅力!・・・なんて思います^^;

葉切り作業は、悩みの一つです。
夏を越した葉は切っていい・・・と教えていただいたことがあります。
が、秋からの新芽(葉)が大きくなってきたとき、株元に花芽を発見したら、
その葉も切っていいんでしょうね?今の葉切りってそういうことですよね・・?
ブログのお友達の作業を参考に、今週末は「葉切り作業」の予定です^^

最近は仕事に溜息が多いですが、
ゆっくりお花を眺めていられるときは癒されてます。植物の力は凄いですね。
ありがとうございました^^





[C2283]

リリ子さん、こんばんは。

このアトロは色が綺麗なリバーシブルなので、
たくさんの花芽がついて嬉しいです。^^;

確かに葉がない状態でもヘレボルスって美しいですよね。
むしろ、葉がない時の方が凛としていて好きです。

葉切りは皆さんいろいろ考えがあるようですが、
ボクの場合は夏を越した前シーズンの葉はすべて切ります。
秋に出た新しい葉はできるだけ残すことにしています。
あまり茂りすぎた場合は風通しが良くないのと、
花芽をしっかり立ち上げたいので、ジョキジョキいっちゃいますが・・・。
花後の春の新芽は病気になりやすいので、保険とも言えます。
春の葉を灰カビで全部失うこともあったり。
ま、その前にダコニールでもするべきなのでしょうが。
秋の葉を一本でも残しておくと、案外手遅れにならないで済んだり。
これが正解かは分かりませんが、枯死する可能性は低くなると思っています。

お仕事、お忙しいのですね・・・。
いろいろお疲れなのでしょうが、
植物がセラピーの役割を果たしてくれますように。^^

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

惜しむらくは。

コピー ~ IMG_0794
先日、ほとんどのヒブリドゥスの葉切りを終え、株元に光が入るようにしてあげました。
交配種は葉が茂りすぎないように注意が必要ですが、
原種は落葉性の物が多いので、手間がかからなくて楽チンです。

上の画像は、テラコッタの大鉢に植えた原種アトロルーベンス(H. atrorubens)です。
原種の葉が好きなので、冬を迎える今、ここまで葉が残っていると嬉しくなります。
花が無くとも、葉を鑑賞しているだけで次の冬の楽しみが増す気がします。
アトロルーベンスは暖地では上手に栽培すれば、しっかりとした葉が残ります。
この残った葉を見て、我が家の栽培環境云々はさておき、
言わずもがな、東京は暖地なのだな、としみじみ思う次第です。


コピー ~ IMG_0792
株元にはたくさんの花芽が。
今年もかわいい小さなブルーの花を咲かせてくれそうです。

茂った葉は自然と横に広がっているので、株元はさほど暗くはないのですが、
さすがにもっと光を当ててあげたい気がしています。
もう少し鑑賞していたい気分ですが、ここはひとつバッサリいかなくては!

残して咲かせてみてもいいのかもしれませんが・・・。
花の上がりはどんなものでしょうか?


コピー ~ IMG_0803
さて、アトロルーベンスと言えば・・・。

先日、大分前に注文していたアトロの輸入株がやって来ました。
空輸の痛みがあったので、殺菌剤に一晩浸けて植えつけたのですが、
これがすぐに元気に。
回復までもっと時間がかかると思っていただけに嬉しい誤算です。

しおれていた花茎もピンとして、何と蕾を上げてきています。
日々、紫がかった緋色に染まる蕾を見ていると、
東欧の山の荒涼とした風景を想像してしまいます。

冬の寒い日、凛としたその姿が光を浴びている様は本当に綺麗です。



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://skyrosarium.blog69.fc2.com/tb.php/216-38119d01

0件のトラックバック

2件のコメント

[C2282]

kazuさん、こんばんは。
アトロルーベンスの大株、こんなに花芽があると開花が楽しみですね。

以前は、花には葉があるものと思っていましたが、
最近、考えが変わってきました。
花立ちの美しさこそクリスマスローズの魅力!・・・なんて思います^^;

葉切り作業は、悩みの一つです。
夏を越した葉は切っていい・・・と教えていただいたことがあります。
が、秋からの新芽(葉)が大きくなってきたとき、株元に花芽を発見したら、
その葉も切っていいんでしょうね?今の葉切りってそういうことですよね・・?
ブログのお友達の作業を参考に、今週末は「葉切り作業」の予定です^^

最近は仕事に溜息が多いですが、
ゆっくりお花を眺めていられるときは癒されてます。植物の力は凄いですね。
ありがとうございました^^





[C2283]

リリ子さん、こんばんは。

このアトロは色が綺麗なリバーシブルなので、
たくさんの花芽がついて嬉しいです。^^;

確かに葉がない状態でもヘレボルスって美しいですよね。
むしろ、葉がない時の方が凛としていて好きです。

葉切りは皆さんいろいろ考えがあるようですが、
ボクの場合は夏を越した前シーズンの葉はすべて切ります。
秋に出た新しい葉はできるだけ残すことにしています。
あまり茂りすぎた場合は風通しが良くないのと、
花芽をしっかり立ち上げたいので、ジョキジョキいっちゃいますが・・・。
花後の春の新芽は病気になりやすいので、保険とも言えます。
春の葉を灰カビで全部失うこともあったり。
ま、その前にダコニールでもするべきなのでしょうが。
秋の葉を一本でも残しておくと、案外手遅れにならないで済んだり。
これが正解かは分かりませんが、枯死する可能性は低くなると思っています。

お仕事、お忙しいのですね・・・。
いろいろお疲れなのでしょうが、
植物がセラピーの役割を果たしてくれますように。^^

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

kazu

Author:kazu
東京都在住、196×年生まれ、男性。
英語教師をしながらベランダでオールドローズ、クレマチス、ヘレボルス等の植物を育てています。そして愛犬、茶々丸との生活・・・。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おことわり

画像の無断使用はお控え下さいますようお願いいたします。ブログ内の画像・文の著作権は管理人kazuの所有となっております。 コメントを残してくださってありがとうございます。コメントに関しましては、他者への中傷、罵詈雑言、過度な議論等は避けていただきますようお願いいたします。そのようなコメントがあった際には、管理人の判断で削除することもありますので、あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。 ご意見・連絡等ございましたら、メールフォームより管理人にお知らせ下さい。 copyright(C)2006 rosarium in the sky, All Rights Reserved.

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。