Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://skyrosarium.blog69.fc2.com/tb.php/28-11929924

-件のトラックバック

-件のコメント

[C348] 楽園・・

Kazuさん、おはようございます。
ようやくゆっくりと拝見させていただきました。'楽園'のようですね~。これではなかなか戻ってこらませんね(笑
先日は、お会いできて本当にラッキ-でした!
まだまだ話足りない感じですけれど。
では、またお元気で^^
  • 2006-07-16
  • ミモザ
  • URL
  • 編集

[C349] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C350] まさに天国。

kazuさんへ。
おはようございます。何とも自然な空間が素敵ですね。特に最後の写真を見て思うんですが、僕達って、薔薇をこう自分の思った通りの形に仕立てようとするでしょう?でも、本当は、写真のように枝垂れたりアーチを作ったり、そこに自在に花を付ける……本来の薔薇の姿がこの一枚に写っているように思えます。じゃあ、自分のバルコニーでこれが出来るかと言うと無理なんですが……それにしても、ちゃんと他の風景も撮って来ている所がさすがです。僕だったら薔薇しか撮って来ないかもしれませんもん(笑)

[C351] 夢のよう

なんてすてき…
こんなところを一人でゆっくり歩けたなんて
まさに至福のひとときですね。

本当に印象派の絵画のようですね。
欲しいバラリストも増える一方ですし
行ってみたいバラ咲く場所もまた増えてしまいました。
私にとっては夢のまた夢?かもしれませんが奥入瀬渓谷にも行ってみたいし
いつかきっと…

[C352] 野の花は野の花

kazuさん
おはようございます。
いつまでもこの旅シリーズが続くといいなぁ・・・、なんて、ちょっと思わずにいられない眺めですね。
Kazuさんもご苦労されてらっしゃると思いますが、この都会の限られた空間の中で、大きくなるOld等を如何に自然に近い状態で育てるか・・・、
植物本来の姿というものを考えさせられますね。
HTばかりが植え込んである薔薇園を、四角い面と捉えたなら、この花鳥渓谷がいい例だと思いますが、弧を描く、木々に溶け込みさざめく・・・、雑草までも活かされている・・・無駄なものなどひとつもない、さながら小宇宙のようですね。
薔薇好きの友人にも散々、語っている夢なんですが、こんもりとした薮、交錯する枝の放物線、夢のまた夢で終わらせたくないですね。ひばで造られたパーゴラも素敵です。野の花は野の花・・・、
人間のエゴから解放された時、もっとも美しい本来の姿で咲いてくれるのでしょうね。kazuさん、この小宇宙を暫し、独り占めだったのでしょう(笑)アドレナリンが、こう放射状に(笑)興奮されたと思いますが、大自然が優しく迎えてくれた、同時に穏やかなひととき・・・、そんな印象を持ちました。とてもいい経験をされましたね。いつか機会があれば、ご一緒したいですね。
  • 2006-07-16
  • G・d・D
  • URL
  • 編集

[C353] 先日はお疲れ様でした。

ミモザさん、暑い中の作業お疲れ様です。
その後の涼しいところでのお話楽しかったですね。ボクがたくさん話してしまって、ミモザさんは聞き役になってくださったのかもしれません。^^;
いずれまた機会があったらゆっくりと。皆さんとお食事でもしたいですね。^^

[C354] ブノワ。さん、こんばんは。

ブノワ。さん、最後の写真の野ばらの小道、ジンと来るほど美しい風景でした。
我が家でもあんな風に咲かせることは無理ですが、少しでも近い風情を目指してはいます。栽培法も人それぞれ。きっとブノワ。さんの仕立てだってすごく素晴らしいんだと思います。いずれにしてもそれに答えてくれるバラがボクは大好きです。^^

[C355] 夢・・・

minibaramamaさん、こんばんは。

夢のまた夢。ボクも花鳥渓谷はずっとそうだったんですよ。
思いが強ければ叶う・・・。今回の旅はそんな風に思いました。
minibaramamaさんの夢は?
是非、夢を思い続けて叶えてください。

花鳥渓谷はもちろんのこと、奥入瀬渓谷も素晴らしい自然美です。是非たずねてみることをお勧めします。ボクも今度はあの渓谷をカメラに収めたいと思っているんですよ。^^

[C356] 美しい・・・

こんばんは~。
本当にいいところだったのですね。
特にうたるべ川の写真に打たれました。
私だったらみなさんとは逆で、この風景たちに出会ったら、バラなどそっちのけで
草花の風景の写真を撮り歩いてしまいそうです。(笑)写真もいいけど、スケッチもまたいいでしょうね。憧れます。
こういう原風景的な風景に昔から弱い私。
過去の生でいつも見ていたのでしょうか・・・
ワイルドフラワーの野原というのは、チャールズ皇太子のガーデンもそうですが、最も難しいんだそうです。作るのが。
完璧に人の手による管理をしておきながら、自然の風景を再現するわけですから。
特に一種類がこれだけ群生するのは、ここまでくるのに結構大変な作業だと思います。
素晴らしいですね。

[C357] G・d・Dさん、こんばんは。

G・d・Dさん、「旅」シリーズなどと命名してくださってありがとうございます。今回は第3回目でしたが、楽しんでいただけましたでしょうか?^^
これらの画像は縮小に縮小を重ねているので、かなり細かいところがつぶれちゃっている感は否めません。ホントはもっとオールド・ローズのドットなどももう少し鮮明なのですが。
小宇宙・・・。まさにそうですね。花鳥渓谷では平面のバラもあれば立体的なバラもある。様々なステージで咲くバラにはまったく飽きがきませんでした。雑草が雑草らしくないんですよ。見事にオールドと調和しているというか・・・、完全に不可欠な下草と化していました。
夢のまた夢・・・。ボクもいつか広い土地でオールドをあんな風に咲かせてみたい。
ずっとそんな風に思い続けています。今回の花鳥渓谷の旅はそんな思いへのとても良いレッスンでした。植栽にいろいろなヒントがありましたから。
ボクもいつかご一緒できればな、と思います。その時はどうぞよろしくお願いしますね。^^

[C358] みゅえりさん、そうくると予想しておりました。(爆)

やはり風景写真に反応されましたね~。
昨夜画像をアップしている際に、みゅえりさんがきっと反応されるんじゃないかとひそかに思っていたんですよ。
みゅえりさんのブログ等の画像はたおやかな草花が非常に多く、きっとお好きだろうと思っていたんです。^^
みゅえりさん、もし興味があってチャンスがあったら、是非、花鳥渓谷に出かけてみてくださいね。上の画像は彼の地の素晴らしき風景のほんの一部です。ホント、癒されますから。^^
チャールズ皇太子のガーデン。ボクも何かで見た記憶があります。Rosemary Vereyだったかな?ワイルドフラワーのガーデン造り、そんな難しいとは知りませんでした。もしかしたら上の画像のエリアも手が込んでいたのかもしれません。

[C359]

kazuさんこんばんは。

一息ついていらっしゃる時に?ごめんなさいね。
薔薇の画像もとても素敵だったのだけれど、この景色のかずかず・・・(kazuさんじゃないですよ)とても素敵ですねぇ。
薔薇も大好きですが、やはり私はこうした景色が大好きです。
都忘れがこんなに沢山咲いているんですね。小川もあって、いいな。
こんな所に是非行ってみたいなぁと思いました。
緑のじゅうたん?の上でお昼寝をしてみたいとも思いました(--)zzz

[C360] hanachan、こんばんは。

hanachan、花鳥渓谷よいとこですよ!
是非、一度足を運ばれることをお勧めします。^^
緑のじゅうたんに寝転んでバラの香りを嗅ぐのも、ここでは可能です。まるで自分が自然と一体化してしまったくらいに時がゆったりと流れます。
あっ、でもどんなに晴れていても草の朝露がたっぷりなので、寝転ぶならばシートを持っていったほうがよいかも、です。^^
おかげでボクはスニーカーと靴下がぐしょぐしょになっちゃいました。^^;

[C361]

十和田湖は 一年に一度は訪れますが、ここは いつも素通りでした。こんなに素敵な場所なんですね。 今度は必ず立ち寄ってみたいと思います。

[C362] きれい・・・

きれいな写真を見せてくださってありがとうございます。ブルボンローズの小道に佇んでみたいです。それからうたるべ川・・・美しいですね~

[C363] はじめまして。

wiwiさん、ようこそいらっしゃいました。^^

ブログ拝見しました。ご当地の食べ物の写真、どれもおいしそうですね。
青森にお住まいなんですか?花鳥渓谷は素晴らしいところですから、是非足を運んでみてくださいね。従業員さんによると、オールド・ローズが目当てならば、年にもよりますが、6月最終週から7月の頭ギリギリまで楽しめるとのこと。今年は低温で1週間ほど遅かったそうですよ。

[C364] ブルボンのオンパレード

junkoさん、こんばんは。
ブルボンの品種揃えは素晴らしく、ボクも見たことがないものも結構ありました。ブルボン好きにはたまらないですね。^^
うたるべ川は本当に小川という表現がぴったりかも。園の真横がもう山なので、木々が湛えた水がたくさん流れ込んでいるのでしょうね。^^

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

旅の景



ここ青森県花鳥渓谷には様々な八甲田系の豊かな緑がある。
オールド・ローズはもちろんのこと、ハイブリッド・ティーの古花や
野に咲く花。
これらが木々豊かな山、湖、川辺などと共に雄大な景色を織りなしている。

ゲートをくぐると淡いピンクのアスチルベに出会った。



ハイブリッド・ティーですら、こんなに自然な風景を作ってくれている。
まるでタペストリーのようだ。



印象派の絵画のようなオールド・ローズの優雅なドット。
彼らは古のシュラブたちなり。
手前よりJacques Cartier(ジャック・カルティエ)、
Charles de Mills(シャルル・ド・ミル)、
Cardinal de Richelieu(カルディナル・ド・リシュリュー)。



まさに青天の霹靂!一面の青。都忘れだろうか。



当地の宮大工が総青森ひばで造ったという巨大パーゴラ。
花鳥渓谷では植物だけでなく、こうした構造物までもが実に自然に風景に
溶け込んでいる。

「新雪」ってこんなにいいバラだったっけ?
剪定も程々にゆったりと絡まっていたこの白バラは訪れる人をそのアーチ
へと優しく迎えてくれる。



ここは日本?
まるで昔見たイングランドの一風景。
バラ園を流れる川はうたるべ川。十和田湖へと注ぐ。



クガイ草かな?
まるで意思を持って一つの方向に向いている。
オレンジの蝶は柔らかなヒント。



昔読んだ山村暮鳥の詩を思い出した。
   いちめんのなのはな
   いちめんのなのはな
   いちめんのなのはな
いや、ここでは、いちめんのののはな、だ。
素敵なワイルドフラワーの景。和にも洋にも見えてくるから不思議だ。



ここは天国。
恥ずかしながら、この光景にはじわっとさせられた。
薄暮を迎える頃、野ばらの小道にて。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://skyrosarium.blog69.fc2.com/tb.php/28-11929924

0件のトラックバック

17件のコメント

[C348] 楽園・・

Kazuさん、おはようございます。
ようやくゆっくりと拝見させていただきました。'楽園'のようですね~。これではなかなか戻ってこらませんね(笑
先日は、お会いできて本当にラッキ-でした!
まだまだ話足りない感じですけれど。
では、またお元気で^^
  • 2006-07-16
  • ミモザ
  • URL
  • 編集

[C349] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C350] まさに天国。

kazuさんへ。
おはようございます。何とも自然な空間が素敵ですね。特に最後の写真を見て思うんですが、僕達って、薔薇をこう自分の思った通りの形に仕立てようとするでしょう?でも、本当は、写真のように枝垂れたりアーチを作ったり、そこに自在に花を付ける……本来の薔薇の姿がこの一枚に写っているように思えます。じゃあ、自分のバルコニーでこれが出来るかと言うと無理なんですが……それにしても、ちゃんと他の風景も撮って来ている所がさすがです。僕だったら薔薇しか撮って来ないかもしれませんもん(笑)

[C351] 夢のよう

なんてすてき…
こんなところを一人でゆっくり歩けたなんて
まさに至福のひとときですね。

本当に印象派の絵画のようですね。
欲しいバラリストも増える一方ですし
行ってみたいバラ咲く場所もまた増えてしまいました。
私にとっては夢のまた夢?かもしれませんが奥入瀬渓谷にも行ってみたいし
いつかきっと…

[C352] 野の花は野の花

kazuさん
おはようございます。
いつまでもこの旅シリーズが続くといいなぁ・・・、なんて、ちょっと思わずにいられない眺めですね。
Kazuさんもご苦労されてらっしゃると思いますが、この都会の限られた空間の中で、大きくなるOld等を如何に自然に近い状態で育てるか・・・、
植物本来の姿というものを考えさせられますね。
HTばかりが植え込んである薔薇園を、四角い面と捉えたなら、この花鳥渓谷がいい例だと思いますが、弧を描く、木々に溶け込みさざめく・・・、雑草までも活かされている・・・無駄なものなどひとつもない、さながら小宇宙のようですね。
薔薇好きの友人にも散々、語っている夢なんですが、こんもりとした薮、交錯する枝の放物線、夢のまた夢で終わらせたくないですね。ひばで造られたパーゴラも素敵です。野の花は野の花・・・、
人間のエゴから解放された時、もっとも美しい本来の姿で咲いてくれるのでしょうね。kazuさん、この小宇宙を暫し、独り占めだったのでしょう(笑)アドレナリンが、こう放射状に(笑)興奮されたと思いますが、大自然が優しく迎えてくれた、同時に穏やかなひととき・・・、そんな印象を持ちました。とてもいい経験をされましたね。いつか機会があれば、ご一緒したいですね。
  • 2006-07-16
  • G・d・D
  • URL
  • 編集

[C353] 先日はお疲れ様でした。

ミモザさん、暑い中の作業お疲れ様です。
その後の涼しいところでのお話楽しかったですね。ボクがたくさん話してしまって、ミモザさんは聞き役になってくださったのかもしれません。^^;
いずれまた機会があったらゆっくりと。皆さんとお食事でもしたいですね。^^

[C354] ブノワ。さん、こんばんは。

ブノワ。さん、最後の写真の野ばらの小道、ジンと来るほど美しい風景でした。
我が家でもあんな風に咲かせることは無理ですが、少しでも近い風情を目指してはいます。栽培法も人それぞれ。きっとブノワ。さんの仕立てだってすごく素晴らしいんだと思います。いずれにしてもそれに答えてくれるバラがボクは大好きです。^^

[C355] 夢・・・

minibaramamaさん、こんばんは。

夢のまた夢。ボクも花鳥渓谷はずっとそうだったんですよ。
思いが強ければ叶う・・・。今回の旅はそんな風に思いました。
minibaramamaさんの夢は?
是非、夢を思い続けて叶えてください。

花鳥渓谷はもちろんのこと、奥入瀬渓谷も素晴らしい自然美です。是非たずねてみることをお勧めします。ボクも今度はあの渓谷をカメラに収めたいと思っているんですよ。^^

[C356] 美しい・・・

こんばんは~。
本当にいいところだったのですね。
特にうたるべ川の写真に打たれました。
私だったらみなさんとは逆で、この風景たちに出会ったら、バラなどそっちのけで
草花の風景の写真を撮り歩いてしまいそうです。(笑)写真もいいけど、スケッチもまたいいでしょうね。憧れます。
こういう原風景的な風景に昔から弱い私。
過去の生でいつも見ていたのでしょうか・・・
ワイルドフラワーの野原というのは、チャールズ皇太子のガーデンもそうですが、最も難しいんだそうです。作るのが。
完璧に人の手による管理をしておきながら、自然の風景を再現するわけですから。
特に一種類がこれだけ群生するのは、ここまでくるのに結構大変な作業だと思います。
素晴らしいですね。

[C357] G・d・Dさん、こんばんは。

G・d・Dさん、「旅」シリーズなどと命名してくださってありがとうございます。今回は第3回目でしたが、楽しんでいただけましたでしょうか?^^
これらの画像は縮小に縮小を重ねているので、かなり細かいところがつぶれちゃっている感は否めません。ホントはもっとオールド・ローズのドットなどももう少し鮮明なのですが。
小宇宙・・・。まさにそうですね。花鳥渓谷では平面のバラもあれば立体的なバラもある。様々なステージで咲くバラにはまったく飽きがきませんでした。雑草が雑草らしくないんですよ。見事にオールドと調和しているというか・・・、完全に不可欠な下草と化していました。
夢のまた夢・・・。ボクもいつか広い土地でオールドをあんな風に咲かせてみたい。
ずっとそんな風に思い続けています。今回の花鳥渓谷の旅はそんな思いへのとても良いレッスンでした。植栽にいろいろなヒントがありましたから。
ボクもいつかご一緒できればな、と思います。その時はどうぞよろしくお願いしますね。^^

[C358] みゅえりさん、そうくると予想しておりました。(爆)

やはり風景写真に反応されましたね~。
昨夜画像をアップしている際に、みゅえりさんがきっと反応されるんじゃないかとひそかに思っていたんですよ。
みゅえりさんのブログ等の画像はたおやかな草花が非常に多く、きっとお好きだろうと思っていたんです。^^
みゅえりさん、もし興味があってチャンスがあったら、是非、花鳥渓谷に出かけてみてくださいね。上の画像は彼の地の素晴らしき風景のほんの一部です。ホント、癒されますから。^^
チャールズ皇太子のガーデン。ボクも何かで見た記憶があります。Rosemary Vereyだったかな?ワイルドフラワーのガーデン造り、そんな難しいとは知りませんでした。もしかしたら上の画像のエリアも手が込んでいたのかもしれません。

[C359]

kazuさんこんばんは。

一息ついていらっしゃる時に?ごめんなさいね。
薔薇の画像もとても素敵だったのだけれど、この景色のかずかず・・・(kazuさんじゃないですよ)とても素敵ですねぇ。
薔薇も大好きですが、やはり私はこうした景色が大好きです。
都忘れがこんなに沢山咲いているんですね。小川もあって、いいな。
こんな所に是非行ってみたいなぁと思いました。
緑のじゅうたん?の上でお昼寝をしてみたいとも思いました(--)zzz

[C360] hanachan、こんばんは。

hanachan、花鳥渓谷よいとこですよ!
是非、一度足を運ばれることをお勧めします。^^
緑のじゅうたんに寝転んでバラの香りを嗅ぐのも、ここでは可能です。まるで自分が自然と一体化してしまったくらいに時がゆったりと流れます。
あっ、でもどんなに晴れていても草の朝露がたっぷりなので、寝転ぶならばシートを持っていったほうがよいかも、です。^^
おかげでボクはスニーカーと靴下がぐしょぐしょになっちゃいました。^^;

[C361]

十和田湖は 一年に一度は訪れますが、ここは いつも素通りでした。こんなに素敵な場所なんですね。 今度は必ず立ち寄ってみたいと思います。

[C362] きれい・・・

きれいな写真を見せてくださってありがとうございます。ブルボンローズの小道に佇んでみたいです。それからうたるべ川・・・美しいですね~

[C363] はじめまして。

wiwiさん、ようこそいらっしゃいました。^^

ブログ拝見しました。ご当地の食べ物の写真、どれもおいしそうですね。
青森にお住まいなんですか?花鳥渓谷は素晴らしいところですから、是非足を運んでみてくださいね。従業員さんによると、オールド・ローズが目当てならば、年にもよりますが、6月最終週から7月の頭ギリギリまで楽しめるとのこと。今年は低温で1週間ほど遅かったそうですよ。

[C364] ブルボンのオンパレード

junkoさん、こんばんは。
ブルボンの品種揃えは素晴らしく、ボクも見たことがないものも結構ありました。ブルボン好きにはたまらないですね。^^
うたるべ川は本当に小川という表現がぴったりかも。園の真横がもう山なので、木々が湛えた水がたくさん流れ込んでいるのでしょうね。^^

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

kazu

Author:kazu
東京都在住、196×年生まれ、男性。
英語教師をしながらベランダでオールドローズ、クレマチス、ヘレボルス等の植物を育てています。そして愛犬、茶々丸との生活・・・。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おことわり

画像の無断使用はお控え下さいますようお願いいたします。ブログ内の画像・文の著作権は管理人kazuの所有となっております。 コメントを残してくださってありがとうございます。コメントに関しましては、他者への中傷、罵詈雑言、過度な議論等は避けていただきますようお願いいたします。そのようなコメントがあった際には、管理人の判断で削除することもありますので、あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。 ご意見・連絡等ございましたら、メールフォームより管理人にお知らせ下さい。 copyright(C)2006 rosarium in the sky, All Rights Reserved.

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。