Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://skyrosarium.blog69.fc2.com/tb.php/300-5e0566b9

-件のトラックバック

-件のコメント

[C2562]

kazuさん、こんばんは。

旅のお疲れとれましたか?
イギリスまで行かれたなんてkazuさんの情熱は凄いです。
クリスマスローズの本場?はイギリスだったのですか!?
日本に流通したきっかけ?っていつ頃、どなたがなのでしょうね。

それから・・・根洗いって何ですか?
土付きを持ち帰るのは大変だから土を落としたと言う事ですか?

質問攻めですみませ~んm(_ _)m
ここ数日寒い日が続いています。
風邪ひかれませんように。
(クリスマスローズ展行かれましたか?)
  • 2009-02-21
  • hanachan
  • URL
  • 編集

[C2563]

hanachan、こんばんは。

今だ昼夜逆転です。
北米、ヨーロッパから帰るといつもなんですよね~。
人よりジェットラグに弱いのかも・・・。^^;

クリスマスローズの本場はイギリス・・・、
そう言えるのでしょうね。
原種は東欧に多く分布していますが、
改良の歴史において、イギリス人が果たした役割は多大なものがあります。
日本にはすでに明治の頃に入ってきていたそうです。
長らく茶花として一部の愛好家に好まれていましたが、
ここに来て一気に人気が出たようです。

外国に植物を持ち込む際には必ず必要な植物検疫を受けなければいけません。
そのために根を洗って土を完全に落とさなければならないんですよ。
土付きで持ち込めるならば是非そうしたい・・・。笑
株の負担はものすごいはずですから。

池袋は断念です。
ちょっと休日を入れましたよ。笑
hanachanもどうぞご自愛くださいね。^^

[C2568]

kazuさん、こんばんは。
イギリスはとても行けそうにない遠い国ですが、
若い頃編んでいた、ツイードやブリティッシュセーターを思い出して、
少しだけ身近に感じます^^;

ブログで旅行記を拝見できるだけでも、とても楽しくて興味深いです。
空気や風の色が違いますね・・・

クリスマスローズの権威ある方々に会われるなんて、kazuさんて何者よ~?
ワタシなんかコメントしていいのかしらって思いながら・・・
失礼がありましたらお許しを^^;

ハウスの重厚な雰囲気。
あのイエローの集団は「ひまわり」?って思うくらい惹きつけられました。すごいですね!

最初の写真の脇に「焼き締め」のような鉢を発見!
原種が植えられているんでしょうか。渋いデスね。
  • 2009-02-23
  • リリ子
  • URL
  • 編集

[C2569]

こんにちは!
お疲れはとれましたか?
本場の空気をありがとうございます♫♪
すばらしい空間!!!
この場身を置いてみたい誘惑に駆られます!
思うだけでなかなか実行には移せませんが~~?!(>▽<;; アセアセ
一番の問題は語学力!!!
子供が手を離れたら日本からのツアーを探してみようかしら・・・
  • 2009-02-23
  • Tです
  • URL
  • 編集

[C2570] あっ(汗)

数株枯らせてから、
オーリキュラの存在は今は忘れようと思っていたのに、
こちらでこんな不意打ち喰らうとはっっ(笑)

こんな旅はきっとわたしにはできないでしょうから、
こんな風に見せていただけて感動モノです♪
ストックトンネルいい眺めですね~!

何でサカナなんでしょうね(笑)?
  • 2009-02-23
  • きんぎょ。
  • URL
  • 編集

[C2572]

リリ子さん、こんばんは。

すごいですね!
ツイードを自分で編んでしまうのですか。
若い頃、ハリスツイードのジャケットが欲しくて、
頑張ってバイトした記憶があります。
今度、リリ子さんの作品を是非アップしてくださいね。

冬のイギリスは日本、とりわけ太平洋側の乾いた空気と違って湿気を含んだ冷気です。
メキシコ暖流が流れてくる影響だそうです。
東京では肌ガサガサな僕もあちらでは一度もハンドクリームを塗らなくてすみました。

親株ハウスは圧巻でした。
そしてナーセリー全体も総合園芸施設と言った感じで一日いても飽きないんです。
素晴らしいテラコッタもたくさん置いてありました。

大した者ではありませんよ。普通の人です。笑
これからも是非コメント残してくださいね。
励みになりますから。^^

[C2573]

Tですさん、こんばんは。

疲れは大分取れましたよ。
お気遣いありがとうございます。

誘惑に駆られたら行くしかないでしょう~♪
是非是非ツアー組んでお出かけくださいね。
・・・というか、ツアーあるのかな?
あったらいいですよね。
行きたい人たくさんいる気がする・・・。

[C2575]

きんぎょ。さん、こんばんは。

くらいましたね・・・。笑
金さん銀さんのお返しです。笑

冗談はさておき、きんぎょ。さんにオーリ見せてあげたかったな。
オーリ祭りですよ、当地は。笑
グレーっぽいグリーンのコナコナしいヤツに一目惚れしました。

魚のマーク、かわいいですよね。
スタッフの作業着の胸の部分にもこのマークが付いていましたよ。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ヘレボア・ウィークエンド

コピー ~ IMG_1607
アッシュウッド・ナーセリーズのイベント、ヘレボア・ウィークエンド。
毎年一月の終わりと二月の中旬の二回開催されます。
このイベントでは普段一般客が入ることができないヘレボルスのハウス、
通称ストック・トンネルに入場することができます。

ストック・トンネルでの買い物が一番の目的であるのは確かですが、
このイベントでは、それ以外にもヘレボルスの親株ハウスに入ることができるツアーや、
園主ジョン・マッシー氏の講演や彼のプライベートガーデンを楽しむことができます。


アッシュウッド・ナーセリーズのロゴ、かわいいですね。
なんで魚なんだろ?
小川が流れているからでしょうか?


コピー ~ IMG_1583
ツアーは午前中から何度も行われます。
僕が参加したのは朝一番のツアーでしたが、
大勢の熱心なヘレボルス好きが集まってきましたよ。

一番見たかった親株ハウス。
そこにあるのはすべて大鉢で、想像通り、単色系の花が多かったです。
何と何をかければ目標の花が作れるということが、しっかり管理されているのだな、と思いました。
出来上がった花同士をただかければいいというものではないと、
そこにあった花たちに教えられた気がしました。


コピー ~ IMG_1573
日本のヘレボルス育種にも多大な影響を与えたアッシュウッドの親株達。
素晴らしいストレインがここから作り出されます。


コピー ~ IMG_1594
ツアーではヘレボルス以外にも原種シクラメンのハウスにも案内されます。
御覧下さい。
見事な原種シクラメンの株々を。


コピー ~ IMG_1590
葉の模様を見ているだけで楽しかったです。
ここにある株で十数年は経過しているとか。


コピー ~ IMG_1593
アッシュウッドではオーリキュラの品種改良も行っています。
可愛い水鉢を見て、いくつか買っていきたかったのですが、今回はヘレボルスだけで断念。
また来年です。


コピー ~ IMG_1563
ここがストック・トンネルです。
圧倒されます。
年に一度ここで買い物ができます。
ツアー客はみんな楽しそう。

僕も結構買いました。
ラッキーだったのは、この時期、開花がピークだったこと。

ただ、その後の根洗いが大変。
この日は前日とはうって変わって寒い一日。
まったく陽が射さない、イギリスらしい冬の日でした。


コピー ~ IMG_1596
寒い中、根洗いがやっとのことで終了。
お腹が減ったのでティールームへ。
アッシュウッド・ナーセリーズは植物だけでなく、ガーデン資材なども扱う総合園芸施設です。
付属のティールームで出される食事は評判のようで、土曜のお昼過ぎ、テーブルは満席です。

熱気がすごかったので、レンズが曇っちゃいました。
僕がいただいたのはコーニッシュ・ペイスティ一皿とスコーンにダブル・クロテッド・クリームの一皿。
若い頃、一年ほど滞英生活をしていたので、
久しぶりにいただいたペイスティーの味は懐かしく、本当においしかったです。


コピー ~ IMG_1599
ガーデンショップの方達には根洗い中にコーヒーの挿し入れをいただいたり、
タクシーを呼ぶ際にもいろいろと手伝っていただいたり・・・。
寒い中のホスピタリティに感謝です。
従業員一同、皆チームを組んで仕事をしている・・・、そんな様子が見受けられました。

また来年も絶対来よう、そんな風に思いつつ、アッシュウッドを後にしました。



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://skyrosarium.blog69.fc2.com/tb.php/300-5e0566b9

0件のトラックバック

8件のコメント

[C2562]

kazuさん、こんばんは。

旅のお疲れとれましたか?
イギリスまで行かれたなんてkazuさんの情熱は凄いです。
クリスマスローズの本場?はイギリスだったのですか!?
日本に流通したきっかけ?っていつ頃、どなたがなのでしょうね。

それから・・・根洗いって何ですか?
土付きを持ち帰るのは大変だから土を落としたと言う事ですか?

質問攻めですみませ~んm(_ _)m
ここ数日寒い日が続いています。
風邪ひかれませんように。
(クリスマスローズ展行かれましたか?)
  • 2009-02-21
  • hanachan
  • URL
  • 編集

[C2563]

hanachan、こんばんは。

今だ昼夜逆転です。
北米、ヨーロッパから帰るといつもなんですよね~。
人よりジェットラグに弱いのかも・・・。^^;

クリスマスローズの本場はイギリス・・・、
そう言えるのでしょうね。
原種は東欧に多く分布していますが、
改良の歴史において、イギリス人が果たした役割は多大なものがあります。
日本にはすでに明治の頃に入ってきていたそうです。
長らく茶花として一部の愛好家に好まれていましたが、
ここに来て一気に人気が出たようです。

外国に植物を持ち込む際には必ず必要な植物検疫を受けなければいけません。
そのために根を洗って土を完全に落とさなければならないんですよ。
土付きで持ち込めるならば是非そうしたい・・・。笑
株の負担はものすごいはずですから。

池袋は断念です。
ちょっと休日を入れましたよ。笑
hanachanもどうぞご自愛くださいね。^^

[C2568]

kazuさん、こんばんは。
イギリスはとても行けそうにない遠い国ですが、
若い頃編んでいた、ツイードやブリティッシュセーターを思い出して、
少しだけ身近に感じます^^;

ブログで旅行記を拝見できるだけでも、とても楽しくて興味深いです。
空気や風の色が違いますね・・・

クリスマスローズの権威ある方々に会われるなんて、kazuさんて何者よ~?
ワタシなんかコメントしていいのかしらって思いながら・・・
失礼がありましたらお許しを^^;

ハウスの重厚な雰囲気。
あのイエローの集団は「ひまわり」?って思うくらい惹きつけられました。すごいですね!

最初の写真の脇に「焼き締め」のような鉢を発見!
原種が植えられているんでしょうか。渋いデスね。
  • 2009-02-23
  • リリ子
  • URL
  • 編集

[C2569]

こんにちは!
お疲れはとれましたか?
本場の空気をありがとうございます♫♪
すばらしい空間!!!
この場身を置いてみたい誘惑に駆られます!
思うだけでなかなか実行には移せませんが~~?!(>▽<;; アセアセ
一番の問題は語学力!!!
子供が手を離れたら日本からのツアーを探してみようかしら・・・
  • 2009-02-23
  • Tです
  • URL
  • 編集

[C2570] あっ(汗)

数株枯らせてから、
オーリキュラの存在は今は忘れようと思っていたのに、
こちらでこんな不意打ち喰らうとはっっ(笑)

こんな旅はきっとわたしにはできないでしょうから、
こんな風に見せていただけて感動モノです♪
ストックトンネルいい眺めですね~!

何でサカナなんでしょうね(笑)?
  • 2009-02-23
  • きんぎょ。
  • URL
  • 編集

[C2572]

リリ子さん、こんばんは。

すごいですね!
ツイードを自分で編んでしまうのですか。
若い頃、ハリスツイードのジャケットが欲しくて、
頑張ってバイトした記憶があります。
今度、リリ子さんの作品を是非アップしてくださいね。

冬のイギリスは日本、とりわけ太平洋側の乾いた空気と違って湿気を含んだ冷気です。
メキシコ暖流が流れてくる影響だそうです。
東京では肌ガサガサな僕もあちらでは一度もハンドクリームを塗らなくてすみました。

親株ハウスは圧巻でした。
そしてナーセリー全体も総合園芸施設と言った感じで一日いても飽きないんです。
素晴らしいテラコッタもたくさん置いてありました。

大した者ではありませんよ。普通の人です。笑
これからも是非コメント残してくださいね。
励みになりますから。^^

[C2573]

Tですさん、こんばんは。

疲れは大分取れましたよ。
お気遣いありがとうございます。

誘惑に駆られたら行くしかないでしょう~♪
是非是非ツアー組んでお出かけくださいね。
・・・というか、ツアーあるのかな?
あったらいいですよね。
行きたい人たくさんいる気がする・・・。

[C2575]

きんぎょ。さん、こんばんは。

くらいましたね・・・。笑
金さん銀さんのお返しです。笑

冗談はさておき、きんぎょ。さんにオーリ見せてあげたかったな。
オーリ祭りですよ、当地は。笑
グレーっぽいグリーンのコナコナしいヤツに一目惚れしました。

魚のマーク、かわいいですよね。
スタッフの作業着の胸の部分にもこのマークが付いていましたよ。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

kazu

Author:kazu
東京都在住、196×年生まれ、男性。
英語教師をしながらベランダでオールドローズ、クレマチス、ヘレボルス等の植物を育てています。そして愛犬、茶々丸との生活・・・。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おことわり

画像の無断使用はお控え下さいますようお願いいたします。ブログ内の画像・文の著作権は管理人kazuの所有となっております。 コメントを残してくださってありがとうございます。コメントに関しましては、他者への中傷、罵詈雑言、過度な議論等は避けていただきますようお願いいたします。そのようなコメントがあった際には、管理人の判断で削除することもありますので、あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。 ご意見・連絡等ございましたら、メールフォームより管理人にお知らせ下さい。 copyright(C)2006 rosarium in the sky, All Rights Reserved.

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。