Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://skyrosarium.blog69.fc2.com/tb.php/34-26441a5e

-件のトラックバック

[T6] 綺麗は汚い、汚いは綺麗……。

拝啓毎日毎日梅雨らしいどんよりした天気が続きます。それほど雨は降りませんがが一時の気休めでしょうか?これから長い梅雨です、Bさん、その後、如何お過ごしですか?僕は春の薔薇が咲き終わった後、今年は真面目に薔薇の手入れをしています。雑草取り、お礼肥をあげたり

-件のコメント

[C460]

kazuさん、こんばんは。
バラを通じての新しい世界、様々な出会い・・とても素敵ですね。私もバラを通じてkazuさんと出会う事ができた事、本当にうれしく思っています。実は私も昨年の駒場バラ園さんの件がなかったら、バラを育てていらっしゃる方のサイトを訪問したり、そうした方と知り合う機会もありませんでした。バラ園の嘉代さんが『バラは人を呼ぶのよ』とおっしゃっていたのですが、本当にその通りだと最近しみじみ感じています。
下の頂戴したコメントのお返事ですが、私もkazuさんと同じですよ(^_-)-☆沢山の時間を過ごす家には眺めているだけで癒されて心地よいと思えるもので統一しています。同じ時間を過ごすのなら気に入ったものに囲まれて過ごしたいなと思って・・。収集癖と言えばかつてティーカップをはじめとした食器の収集にはかなりはまっていました。バラやクレマチス、クリスマスローズもですが・・。最近では中原淳一さんの昔の作品にはまってしまい、実はブログに紹介していないものも沢山あり、短期間でかなりのコレクションになってきました(*^_^*)はまってしまう程のものに出会えるという事はとても幸せな事だなとそうした出会いにいつも感謝しています。
それから私も朽ちていくバラ、特に黒赤のバラが紫がかっていく様子は本当に大好きです♪

[C461] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C462] Deuil de Paul Fontaine

おはようございます。
太陽がやっと顔をだしましたね。 

Deuil de Paul Fontaine・・
大大大好きです~色も形も!
うちではお姫様席に置いてあります~

朽ち薔薇倶楽部ですか?これはまた心引かれるネーミングですね。
私も入れていただこうかしら??

[C463] いまだにコワいです(笑)

kazuさんへ。
こんにちは。僕はさして信念を持たぬままこの年まで生きて来ました。インターネットは顔が見えず、ある意味、コワい所もある世界ですが(いまだにコワいです)真面目にコツコツやっていればいい事のみあると確信するに至りました。これ、今の僕の信念です(笑)植物と向き合うって、あくまでも、植物と自分の一対一の世界なんですが、こうしてkazuさんと知り合え、また、お互いのブログを通して素敵な会話が出来るのもインターネットのお陰ですね。感謝、感謝です。「朽ち薔薇倶楽部」、僕も仲間に入れて貰おうかな(笑)薔薇はいつ見ても美しい……そう信じてやみませんが、剪定後のトゲトゲ、新芽の生命力、勿論、花の素晴しさとともに、花弁がギリギリ落ちる寸前の薔薇の美しさは格別です。その一瞬を写真に捉える事は難しいけれど、偶然にも立ち会えた時の嬉しさと来たら……トラックバックさせて下さいね。記事が沢山あるので迷いますが、僕が一番好きなヤツを一つだけ(笑)

[C464] 朽ちバラ

kazuさん、こんにちは。 連日、失礼します^^; 
・・紫の薔薇ってとても惹かれますよね。
残念なことに庭では条件(広さも含め)によりなかなか数がふやせないのです。
しかし、先日朽ち薔薇系(?)のタグにすいよせられて PRESIDENT DE SEZE を購入しました。現物は見たことがないのですが、ご存知ですか?
朽ち薔薇倶楽部って魅力的な響きですね~。 こちらも心ひかれます
  • 2006-07-26
  • ミモザ
  • URL
  • 編集

[C465] ブログ拝見していますよ。^^

miyokoさん、こんにちは。
ブログの中原淳一さんのコレクション拝見いたしました。miyokoさんにとってこの方の絵は特別なんだというのが伝わってきましたよ。ボクも集めだすととことん行ってしまうところがあり、バラなどその最たるものかもしれません。miyokoさんのおっしゃるとおり、はまれるものに出会えることは幸せなことですよね。はまる事のできない人だって沢山いるんですから。(その人たちは逆にお金がたまるかな?(笑))
バラを通じて人と出会う。そんな嬉しい事がここのところ続いています。嘉代さんの言葉、しみじみそうなんだなと思いましたよ。
朽ち薔薇倶楽部、どうぞご入会ください。(笑)

[C466] 覚えています。^^

junkoさん、こんにちは。
以前、Yさんのオープンガーデンでお会いした時、Deuil de Paul Fontaineをお持ちだということ覚えています。とても誇らしげに「いいバラです。」とおっしゃっていましたよね。junkoさんのすごくお好きなバラなんだなとその時思ったものです。花鳥渓谷でも、このバラを見たときjunkoさんを思い出したんですよ。花を通じてどなたかを思い出すなんて素晴らしいことですよね。かねておっしゃっていたとおりPaul Fontaine、ホントいいバラでした。朽ちていく姿も美しい。
朽ち薔薇倶楽部いかがですか?^^

[C467] このTB、ボクも好きな記事でした。

ブノワ。さん、こんにちは。
TB、一つと言わずいくつでも。(笑)
倶楽部に入れてもらうだなんて、何をおっしゃいますか。ブノワ。さんはキャプテンの称号をお持ちなんですよ!こちらとあちらでクラブ活動しましょうね。キャプテン。ん?部長の方がいいかな?
話は変わってネットについてですが。
何ごとでもそうですが、物事には両面ありますよね。ボクはブログの活動は常に健全でありたいと思っていますから、ブノワ。さんの信念に共感しますよ。これからも色々な事を教えてくださいね。
朽ち薔薇倶楽部・・・この暑さじゃ開店休業になりそうですね。梅雨がようやく明けそうでよかったにこしたことはないのですが。秋バラに活動を本格化させたいと思っています。^^

[C468] 連日、大歓迎!^^

ミモザさん、こんにちは。
President de Seze、いいバラですよね。
ガリカでしたっけ?花鳥渓谷でもクローバーに埋もれて咲いていたのを覚えています。
青みがかったピンクで、香りもよかったです。花びらはマキマキというほどではないけれど結構沢山あったかと思います。ボクも我慢できなくて写真だけ見て購入したバラがありますから、お気持ちよく分かります。
購入したのに「どんなバラかな~?」って思いますもんね。^^;
心ひかれたら、朽ち薔薇倶楽部、是非どうぞ。(笑)

[C469]

kazuさん、こんにちは。

私には残念ながら、会ってガーデニングやバラの話が出来る友達は居ません。
なのでネットの中でだけでもバラの話が出来る事がとても楽しいし、嬉しいです(*^^*)
確かに顔が見えないのはコワい事ですが、植物を育てている人に悪い人はいないと信じています(^^)そして、kazuさんは甘い物好きと信じています(笑)

散りゆくバラ、私はまだ寂しさを先に感じます。寒くて、長い冬を載り越えてやっと咲いたのに、もっと貴方を見ていたいのにと思ってしまいます。
でも、咲き出しからだんだん色が変わっていく姿は、美しいと素直に思えます。
いつか、散りゆくバラも美しい思えるようになりたいです(^^)

ジャック・カルティエ花鳥渓谷にあったんですね!!見つけられませんでした(^^;)
欲しいなと考えているバラなんです。私もあんなにスゴイ所だとは分からなかったので、帰りの時間を考えると長くは居られなかったので、隅々までは見られませんでした。

[C470] 人の感性って・・・。

akikoさん、こんにちは。
バラには様々なステージがあってどの場面のバラもそれぞれの姿でボクらを楽しませてくれます。バラのステージもそれぞれならば、感性だって人それぞれ。そう思いませんか?akikoさんにはakikoさんの豊かな感性でバラを愛でてやってください。逆にボクが理解できないバラのいい面をakikoさんは感じ取ることがあるかもしれない。十人十色・・・、だからこそボクらの住む世界は美しくもあり汚くもある。朽ちていくバラだって、ある人にはただの汚いバラかも知れませんからね。^^;
akikoさん、ボクだっていつも直にバラのことを話せる友達はいません。だからこのブログは貴重なんです。なんて言ったって、akikoさんはじめ、皆さんと交流を持つ事ができますから!皆さんとお知り合いになれてよかったです~。^^
はい、甘党です。なんでわかっちゃったんですか~???^^;

[C471] さわったら散る

こんばんは、kazuさん。

朽ち薔薇倶楽部・・・よいですね。
私も好きです。
そっと触れただけで散ってしまいそうな頃のバラ。

散り際の美しいバラ・・・で、最近ガリカのバラが増えています。

[C472]

kazuさん、お晩です。

確かに、十人十色で1つのバラでも感じ方は人それぞれですよね!
バラの話では無いんですが、晴れた日の夕方に雨が降った時の匂いが私は大好きなんですが、母親はホコリくさくて嫌いだと言います(^^;)

実際に会えなくても、遠く離れていても、ネットなら共通の話題でお話が出来る、ネットだから恥ずかしがらずにお話が出来るのかも知れませんね(*^^*)

kazuさんが甘党なのが、なぜ、分かったのかというとブラックベリーでシャーベットを作ったお話に始まり、バラを見ると不二家に行きたくなるで確信しました!!私も甘党だし、バラを見ると、なぜかスイーツを連想させるんですよね!

[C473] 本当にそうですね。

こんばんは。
私が好きなバラの姿は、咲き出しと散り際です。
バラに限らず、散り際の美しい花が好きです。
蕾から咲き出して、満面の輝きを放った後
静かに朽ちて落ちる。そこまで「花」ですものね。
最後まで見届ける意味でも、散り際というのはとても
大切な「時」なんだと思います。
ただ潔い散り際もいいですが、片付けも考えると、ある程度我慢してさいたまま朽ちていく種類が好きではあります。(笑)
以前写真をやっている友人が、庭のバラを切って写真を撮ったのですが、
あえて散り行く姿を撮りたいと、盛りを過ぎて朽ちた花を使いました。
ほとんどの人は彼女の意図を写真からくんだのですが、中には
「ちょっと鮮度が悪いですね」という人も。
朽ちる姿も美しいし意味がある。ということは常に感じられる人間でありたいなと思いました。
ネットの世界は常に流れています。何年もたったとき、まだ繋がっている人がいたら、
その人は本物の友人になれると思います。
私はほそぼそと続けてきたのもあり、7年HPを開いてきて、初期の頃からの友人がほとんどです。
間には波のように来ては去る人たちもいますが、それが利点ということもあります。
ネットという波にサーフィンする人もいれば
ボードから下りて浜辺に降り立ってくれる人もいる。というところでしょうか。
面白い世界だと思います。
そして長く続けるこつは、あまりどっぷりと
依存するほど漬からないこと。と個人的には思っています。
kazuさんはこれからどんな人たちと知り合っていくでしょうか。楽しみですね。

[C474] あっちゃんさん、こんばんは。

あっちゃんさん、コメントありがとうございます。^^朽ち薔薇倶楽部いかがですか?^^;
散り行くバラのよさは重ねの多いバラならではという感じがしませんか?そうするとやはりオールドは風情があっていいですよね。今度、あっちゃんさんのガリカ・コレクションについてお聞かせくださいね!^^

[C475] akikoさん、お晩です。^^

そうでした。自分が甘党だということすでにばらしてしまっていたんですね。^^;そうそう今日からブラックベリーの収穫が始まりましたよ。今日は3つ(!)採れました。(笑)シャーベットにするのが楽しみです。akikoさんも甘党のこと。今度は秋田のお菓子について教えてくださいね。^^
そうです。十人十色です。ボクは黄色のバラにはあまり食指が動かないんですが(キレイだとは思うんですが)、黄色のティーなど大好きだとおっしゃる方もいらっしゃいますからね。それから、雨上がりの庭の香り、ボクも大好きですよ。緑と土の香り、フィトンチッド満載(?)って感じでリラックスできますから。
これからもブログでのお話、よろしくお願いしますね。^^

[C476] はい、ボクも楽しみです。

みゅえりさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。^^
みゅえりさんのご意見、長らくHPを持って様々な方と交流を深めてきた方ならではのご意見だな、と思いました。ボクもいつかそんな風に言えるよう、肩の力を抜きつつブログライフを楽しんでいけたらなと思います。
サーフィンのたとえ、うまいですね。唸りましたよ。^^

散り行く花に関してはホントにそう。ボクだって終わりかけのバラを汚いと思うことだってありました。だけど、何気に写真を撮って後で見返すと「おや?」と思う事もしばしば。要は自分の感性のアンテナが広ければそれだけ色んなものを感じ取る事ができるんですよね。それ以来、バラの咲く姿に対する見方はガラッと変わりました。その後、散る花びらを堆肥にして新しい土に生まれ変わる。そしてまた新しい命を生む、その植物のサイクルが本当に楽しくて仕方ありません。これは育てたものだけが味わえる喜びかな、と最近よく思うんですよ^^。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「朽ち薔薇倶楽部」



バラ栽培を始めたことで友達の輪が広がった。
もちろん頻繁に会ったり深い話をする意味での友とは違うが。
同じ趣味を持つ者同士、いつだって話が早い。

インターネットは顔の見えない責任のない世界。
そのネットから顔の見える良いお付き合いができることだってある。
ボクの「バラ友」とのお付き合いはある人からのお誘いから始まった。

数人の方と知り合い、そしてブログを始めた。
もちろん自分の何かを見てもらいたかったことは否定しないが、
それよりも「バラ」を共有できる友人がもっと欲しかったのだろう。
バラのことを話せる友達が皆無だっただけに
こうして少しずつ輪が広がっていくことを素直に嬉しく思う。

ボクは散りゆくバラも綺麗だな、と思うことがある。
ハラハラと散るのはもちろんのこと、
陽に焼けた花びらが落ちずにいるのもまた絵になるから。
過去ログに褪せていく花を載せたことがきっかけで、
ある「バラ友」からこんな言葉をいただいた。
「いっそ、朽ち薔薇倶楽部を作りましょうか。」
確かこんなコメントだったかな?
その方も朽ちていくバラに美を感じる感性をお持ちのようだ。
ボクはそのお誘いにまだ返事をしていない。
答えは「喜んで!」だ。
「朽ち薔薇倶楽部」…。
何をするわけでもないが、ただ終わりゆくバラを眺めてああだこうだ
言い合うだけの会?

ボクは楽しくて仕方がない。
何故かって?
ついこの間までのボクだったら、バラの話はもちろんのこと、
こんな細かいセルに入って誰かと話をするだなんて
想像もしていなかったから。
「バラ友」に感謝だ。

William Shakespeare(ウイリアム・シェイクスピア)、
イングリッシュ・ローズ、1987年作出。




Jacques Cartier(ジャック・カルティエ)、
ポートランド・ローズ、1868年作出。




Marie Pavie(マリー・パヴィエ)、
ポリアンタ・ローズ、1888年作出。




Deuil de Paul Fontaine(ドゥイユ・ド・ポール・フォンテーヌ)、
モス・ローズ、1873年作出。

以上朽ちゆく4つのバラたち、花鳥渓谷にて。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://skyrosarium.blog69.fc2.com/tb.php/34-26441a5e

1件のトラックバック

[T6] 綺麗は汚い、汚いは綺麗……。

拝啓毎日毎日梅雨らしいどんよりした天気が続きます。それほど雨は降りませんがが一時の気休めでしょうか?これから長い梅雨です、Bさん、その後、如何お過ごしですか?僕は春の薔薇が咲き終わった後、今年は真面目に薔薇の手入れをしています。雑草取り、お礼肥をあげたり

17件のコメント

[C460]

kazuさん、こんばんは。
バラを通じての新しい世界、様々な出会い・・とても素敵ですね。私もバラを通じてkazuさんと出会う事ができた事、本当にうれしく思っています。実は私も昨年の駒場バラ園さんの件がなかったら、バラを育てていらっしゃる方のサイトを訪問したり、そうした方と知り合う機会もありませんでした。バラ園の嘉代さんが『バラは人を呼ぶのよ』とおっしゃっていたのですが、本当にその通りだと最近しみじみ感じています。
下の頂戴したコメントのお返事ですが、私もkazuさんと同じですよ(^_-)-☆沢山の時間を過ごす家には眺めているだけで癒されて心地よいと思えるもので統一しています。同じ時間を過ごすのなら気に入ったものに囲まれて過ごしたいなと思って・・。収集癖と言えばかつてティーカップをはじめとした食器の収集にはかなりはまっていました。バラやクレマチス、クリスマスローズもですが・・。最近では中原淳一さんの昔の作品にはまってしまい、実はブログに紹介していないものも沢山あり、短期間でかなりのコレクションになってきました(*^_^*)はまってしまう程のものに出会えるという事はとても幸せな事だなとそうした出会いにいつも感謝しています。
それから私も朽ちていくバラ、特に黒赤のバラが紫がかっていく様子は本当に大好きです♪

[C461] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C462] Deuil de Paul Fontaine

おはようございます。
太陽がやっと顔をだしましたね。 

Deuil de Paul Fontaine・・
大大大好きです~色も形も!
うちではお姫様席に置いてあります~

朽ち薔薇倶楽部ですか?これはまた心引かれるネーミングですね。
私も入れていただこうかしら??

[C463] いまだにコワいです(笑)

kazuさんへ。
こんにちは。僕はさして信念を持たぬままこの年まで生きて来ました。インターネットは顔が見えず、ある意味、コワい所もある世界ですが(いまだにコワいです)真面目にコツコツやっていればいい事のみあると確信するに至りました。これ、今の僕の信念です(笑)植物と向き合うって、あくまでも、植物と自分の一対一の世界なんですが、こうしてkazuさんと知り合え、また、お互いのブログを通して素敵な会話が出来るのもインターネットのお陰ですね。感謝、感謝です。「朽ち薔薇倶楽部」、僕も仲間に入れて貰おうかな(笑)薔薇はいつ見ても美しい……そう信じてやみませんが、剪定後のトゲトゲ、新芽の生命力、勿論、花の素晴しさとともに、花弁がギリギリ落ちる寸前の薔薇の美しさは格別です。その一瞬を写真に捉える事は難しいけれど、偶然にも立ち会えた時の嬉しさと来たら……トラックバックさせて下さいね。記事が沢山あるので迷いますが、僕が一番好きなヤツを一つだけ(笑)

[C464] 朽ちバラ

kazuさん、こんにちは。 連日、失礼します^^; 
・・紫の薔薇ってとても惹かれますよね。
残念なことに庭では条件(広さも含め)によりなかなか数がふやせないのです。
しかし、先日朽ち薔薇系(?)のタグにすいよせられて PRESIDENT DE SEZE を購入しました。現物は見たことがないのですが、ご存知ですか?
朽ち薔薇倶楽部って魅力的な響きですね~。 こちらも心ひかれます
  • 2006-07-26
  • ミモザ
  • URL
  • 編集

[C465] ブログ拝見していますよ。^^

miyokoさん、こんにちは。
ブログの中原淳一さんのコレクション拝見いたしました。miyokoさんにとってこの方の絵は特別なんだというのが伝わってきましたよ。ボクも集めだすととことん行ってしまうところがあり、バラなどその最たるものかもしれません。miyokoさんのおっしゃるとおり、はまれるものに出会えることは幸せなことですよね。はまる事のできない人だって沢山いるんですから。(その人たちは逆にお金がたまるかな?(笑))
バラを通じて人と出会う。そんな嬉しい事がここのところ続いています。嘉代さんの言葉、しみじみそうなんだなと思いましたよ。
朽ち薔薇倶楽部、どうぞご入会ください。(笑)

[C466] 覚えています。^^

junkoさん、こんにちは。
以前、Yさんのオープンガーデンでお会いした時、Deuil de Paul Fontaineをお持ちだということ覚えています。とても誇らしげに「いいバラです。」とおっしゃっていましたよね。junkoさんのすごくお好きなバラなんだなとその時思ったものです。花鳥渓谷でも、このバラを見たときjunkoさんを思い出したんですよ。花を通じてどなたかを思い出すなんて素晴らしいことですよね。かねておっしゃっていたとおりPaul Fontaine、ホントいいバラでした。朽ちていく姿も美しい。
朽ち薔薇倶楽部いかがですか?^^

[C467] このTB、ボクも好きな記事でした。

ブノワ。さん、こんにちは。
TB、一つと言わずいくつでも。(笑)
倶楽部に入れてもらうだなんて、何をおっしゃいますか。ブノワ。さんはキャプテンの称号をお持ちなんですよ!こちらとあちらでクラブ活動しましょうね。キャプテン。ん?部長の方がいいかな?
話は変わってネットについてですが。
何ごとでもそうですが、物事には両面ありますよね。ボクはブログの活動は常に健全でありたいと思っていますから、ブノワ。さんの信念に共感しますよ。これからも色々な事を教えてくださいね。
朽ち薔薇倶楽部・・・この暑さじゃ開店休業になりそうですね。梅雨がようやく明けそうでよかったにこしたことはないのですが。秋バラに活動を本格化させたいと思っています。^^

[C468] 連日、大歓迎!^^

ミモザさん、こんにちは。
President de Seze、いいバラですよね。
ガリカでしたっけ?花鳥渓谷でもクローバーに埋もれて咲いていたのを覚えています。
青みがかったピンクで、香りもよかったです。花びらはマキマキというほどではないけれど結構沢山あったかと思います。ボクも我慢できなくて写真だけ見て購入したバラがありますから、お気持ちよく分かります。
購入したのに「どんなバラかな~?」って思いますもんね。^^;
心ひかれたら、朽ち薔薇倶楽部、是非どうぞ。(笑)

[C469]

kazuさん、こんにちは。

私には残念ながら、会ってガーデニングやバラの話が出来る友達は居ません。
なのでネットの中でだけでもバラの話が出来る事がとても楽しいし、嬉しいです(*^^*)
確かに顔が見えないのはコワい事ですが、植物を育てている人に悪い人はいないと信じています(^^)そして、kazuさんは甘い物好きと信じています(笑)

散りゆくバラ、私はまだ寂しさを先に感じます。寒くて、長い冬を載り越えてやっと咲いたのに、もっと貴方を見ていたいのにと思ってしまいます。
でも、咲き出しからだんだん色が変わっていく姿は、美しいと素直に思えます。
いつか、散りゆくバラも美しい思えるようになりたいです(^^)

ジャック・カルティエ花鳥渓谷にあったんですね!!見つけられませんでした(^^;)
欲しいなと考えているバラなんです。私もあんなにスゴイ所だとは分からなかったので、帰りの時間を考えると長くは居られなかったので、隅々までは見られませんでした。

[C470] 人の感性って・・・。

akikoさん、こんにちは。
バラには様々なステージがあってどの場面のバラもそれぞれの姿でボクらを楽しませてくれます。バラのステージもそれぞれならば、感性だって人それぞれ。そう思いませんか?akikoさんにはakikoさんの豊かな感性でバラを愛でてやってください。逆にボクが理解できないバラのいい面をakikoさんは感じ取ることがあるかもしれない。十人十色・・・、だからこそボクらの住む世界は美しくもあり汚くもある。朽ちていくバラだって、ある人にはただの汚いバラかも知れませんからね。^^;
akikoさん、ボクだっていつも直にバラのことを話せる友達はいません。だからこのブログは貴重なんです。なんて言ったって、akikoさんはじめ、皆さんと交流を持つ事ができますから!皆さんとお知り合いになれてよかったです~。^^
はい、甘党です。なんでわかっちゃったんですか~???^^;

[C471] さわったら散る

こんばんは、kazuさん。

朽ち薔薇倶楽部・・・よいですね。
私も好きです。
そっと触れただけで散ってしまいそうな頃のバラ。

散り際の美しいバラ・・・で、最近ガリカのバラが増えています。

[C472]

kazuさん、お晩です。

確かに、十人十色で1つのバラでも感じ方は人それぞれですよね!
バラの話では無いんですが、晴れた日の夕方に雨が降った時の匂いが私は大好きなんですが、母親はホコリくさくて嫌いだと言います(^^;)

実際に会えなくても、遠く離れていても、ネットなら共通の話題でお話が出来る、ネットだから恥ずかしがらずにお話が出来るのかも知れませんね(*^^*)

kazuさんが甘党なのが、なぜ、分かったのかというとブラックベリーでシャーベットを作ったお話に始まり、バラを見ると不二家に行きたくなるで確信しました!!私も甘党だし、バラを見ると、なぜかスイーツを連想させるんですよね!

[C473] 本当にそうですね。

こんばんは。
私が好きなバラの姿は、咲き出しと散り際です。
バラに限らず、散り際の美しい花が好きです。
蕾から咲き出して、満面の輝きを放った後
静かに朽ちて落ちる。そこまで「花」ですものね。
最後まで見届ける意味でも、散り際というのはとても
大切な「時」なんだと思います。
ただ潔い散り際もいいですが、片付けも考えると、ある程度我慢してさいたまま朽ちていく種類が好きではあります。(笑)
以前写真をやっている友人が、庭のバラを切って写真を撮ったのですが、
あえて散り行く姿を撮りたいと、盛りを過ぎて朽ちた花を使いました。
ほとんどの人は彼女の意図を写真からくんだのですが、中には
「ちょっと鮮度が悪いですね」という人も。
朽ちる姿も美しいし意味がある。ということは常に感じられる人間でありたいなと思いました。
ネットの世界は常に流れています。何年もたったとき、まだ繋がっている人がいたら、
その人は本物の友人になれると思います。
私はほそぼそと続けてきたのもあり、7年HPを開いてきて、初期の頃からの友人がほとんどです。
間には波のように来ては去る人たちもいますが、それが利点ということもあります。
ネットという波にサーフィンする人もいれば
ボードから下りて浜辺に降り立ってくれる人もいる。というところでしょうか。
面白い世界だと思います。
そして長く続けるこつは、あまりどっぷりと
依存するほど漬からないこと。と個人的には思っています。
kazuさんはこれからどんな人たちと知り合っていくでしょうか。楽しみですね。

[C474] あっちゃんさん、こんばんは。

あっちゃんさん、コメントありがとうございます。^^朽ち薔薇倶楽部いかがですか?^^;
散り行くバラのよさは重ねの多いバラならではという感じがしませんか?そうするとやはりオールドは風情があっていいですよね。今度、あっちゃんさんのガリカ・コレクションについてお聞かせくださいね!^^

[C475] akikoさん、お晩です。^^

そうでした。自分が甘党だということすでにばらしてしまっていたんですね。^^;そうそう今日からブラックベリーの収穫が始まりましたよ。今日は3つ(!)採れました。(笑)シャーベットにするのが楽しみです。akikoさんも甘党のこと。今度は秋田のお菓子について教えてくださいね。^^
そうです。十人十色です。ボクは黄色のバラにはあまり食指が動かないんですが(キレイだとは思うんですが)、黄色のティーなど大好きだとおっしゃる方もいらっしゃいますからね。それから、雨上がりの庭の香り、ボクも大好きですよ。緑と土の香り、フィトンチッド満載(?)って感じでリラックスできますから。
これからもブログでのお話、よろしくお願いしますね。^^

[C476] はい、ボクも楽しみです。

みゅえりさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。^^
みゅえりさんのご意見、長らくHPを持って様々な方と交流を深めてきた方ならではのご意見だな、と思いました。ボクもいつかそんな風に言えるよう、肩の力を抜きつつブログライフを楽しんでいけたらなと思います。
サーフィンのたとえ、うまいですね。唸りましたよ。^^

散り行く花に関してはホントにそう。ボクだって終わりかけのバラを汚いと思うことだってありました。だけど、何気に写真を撮って後で見返すと「おや?」と思う事もしばしば。要は自分の感性のアンテナが広ければそれだけ色んなものを感じ取る事ができるんですよね。それ以来、バラの咲く姿に対する見方はガラッと変わりました。その後、散る花びらを堆肥にして新しい土に生まれ変わる。そしてまた新しい命を生む、その植物のサイクルが本当に楽しくて仕方ありません。これは育てたものだけが味わえる喜びかな、と最近よく思うんですよ^^。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

kazu

Author:kazu
東京都在住、196×年生まれ、男性。
英語教師をしながらベランダでオールドローズ、クレマチス、ヘレボルス等の植物を育てています。そして愛犬、茶々丸との生活・・・。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おことわり

画像の無断使用はお控え下さいますようお願いいたします。ブログ内の画像・文の著作権は管理人kazuの所有となっております。 コメントを残してくださってありがとうございます。コメントに関しましては、他者への中傷、罵詈雑言、過度な議論等は避けていただきますようお願いいたします。そのようなコメントがあった際には、管理人の判断で削除することもありますので、あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。 ご意見・連絡等ございましたら、メールフォームより管理人にお知らせ下さい。 copyright(C)2006 rosarium in the sky, All Rights Reserved.

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。