Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://skyrosarium.blog69.fc2.com/tb.php/38-ab601beb

-件のトラックバック

-件のコメント

[C507] 私も

毎日怒りに震えていますよ。
頭にきすぎてblogに書きたくても書けない。
落ち着いたら自分なりに整理してみようと思っていますが・・・
もとはといえばヒズボラが生まれたのは
24年前にイスラエルがレバノン南部侵攻した際に、レバノン市民が自衛の為に作った民兵組織。
ヒズボラ解散をうたうのなら、誰が作らせたか考えるべきです。
しかもテロ組織と呼んでも、アルカイダとは違って、学校や病院、慈善活動で国民を救ってきた実績がある組織。国民支持の高い与党でもあります。ハマスと同じ。
簡単に解散はできない。
もちろんテロは許されないけれど。

そして犠牲になるのはいつも罪のない人々、子供達です。
レバノン市民の犠牲が400人超えたのに対し、イスラエルの犠牲は40人。
テロの報復といいながら、国家組織で無実の市民を虐殺することはテロじゃないのでしょうか。
こんなの報復でもなんでもなく侵略戦争です。パレスチナに対してもそう。
国単位でテロ行為を行っているのだということに米は言及すべきです。
なめられ顔を泥で塗られているのにまるで腑抜け。ローマ法王ですら即時停戦を求めてるのに。

イギリスの過去の過ちのせいで今もってなお罪のない人がこんなにも犠牲になるなんて。
あんたたちの二枚舌のせいでこうなったのに、手に負えなくなって国連に投げた結果がこれよ。
もっと責任を感じて動いてしかるべき!と言いたい。
エルサレムはキリスト教、ユダヤ教、イスラム教他にとっての聖地。一国が収めるのではなく、バチカンのように聖職者が納める土地にするべきだったと思っています。
第三次世界大戦は宗教戦争になると昔から言われていましたが、まさにそうなりつつあります。恐ろしく悲しいことです。
IRAとSASが連鎖を断ち切ったようにできなければ、この状況はまだまだ長く続くでしょうし、犠牲は増えますよね。

大国は自国が攻められると過剰に反応するくせに、他国だと国益や利害ばっかりが見え隠れ。
何をおいても大事な「命」が後回しになっていて悲しいことです。
長くなってすみません。

[C508] 早く停戦になればいいですよね。

みゅえりさん、こんにちは。
怒っていらっしゃいますね~。^^;
そりゃそうですよね。ちょっと一方的過ぎる攻撃になってきましたもん。
ようやく日本でも報道され始めましたが、
新聞でも一面飾るようになったのに、TVの
ニュース番組を見ると、トップニュースにこれが来ない番組もあるようで。やはり日本のTVの報道のあり方に首をかしげてしまう今日この頃です。おもしろおかしけりゃいいのかと。まあ、あまり目くじら立てても仕方ないんですが。

それにしてもみゅえりさんの解説、とても分かりやすいですね!ありがとうございます。
CNNを見ていると「これが第三次世界大戦の入口になるかもしれない」なんてコメントが聞こえてきます。そんなことを聞くと、日本人はやはり平和なんだな、とつくづく思ってしまいます。そんなこと考える人いませんもの。とてもいいことなんですけどね。ですが、やはりよその国の人の痛みは感じる心は持っていたいな、と。今回の紛争はアメリカ人にそう言わせるほどの何かがあるのかも知れませんね。


今回は少しテーマが壮大かも知れません。^^;

[C516] 思い遣る心です。

kazuさんへ。
この記事からは微妙に外れるかもしれないけれど……極論を言ってしまうと、今、世界中で起こっている紛争、戦争をなくすのは不可能ですね。それらは殆ど総てと言っていいほど宗教絡みです。それぞれの宗教の原点って何でしょう?弱い者に手を差し伸べ、人を受け入れ愛する事じゃないでしょうか。kazuさんが前の記事で僕の返事に書いていらした「思い遣り」ですよ。なぜ、自分と違う考え方の人を受け入れようとしないのか?思い通りにならないと力づくで押さえようとするのか?おそらく、自分と違う考えを受け入れるのがとてつもなく恐ろしいのでしょう。恐くて恐くて仕方がない……だから攻撃する。考え方が偏狭で弱い人達……そう言う人たちにとっては命なんて屁でもないんですよ。国の利益ため?そう言いつつ、結局、突き詰めると自分の利益のためじゃないですか。今ほど「自由と平和」と言う単語が虚しく響く時代はありませんね。この「自由と平和」と言う言葉、ある種のリトマス試験紙になっていて、この言葉を口にしてみると、如何に嘘つきかどうかが分かります。某超大国の指導者がいい例です。 刺々しい世の中になって来ました、嘆いてばかりではいけないのですが……。

[C517] ブノワ。さん、こんばんは。

ブノワさん、コメントありがとうございます。
ボクも戦争をなくすのはほぼ不可能だと思います。そこの意見は賛成です。ただ、すべての戦争が宗教がらみかどうかはボクには計り知れない事です。どこまでが宗教でどこまでが宗教じゃないか・・・。う~ん、やはり難しいな。宗教がらみだろうと経済がらみだろうと結局は国益戦争になる、とボクは思うんです。理由なんていくらでも作れるるし、宗教なんてお題目にすぎない。宗教に「思い遣り」があるのか?ボクは無いと思います。だから戦争だって起こせる。ボクはマスでいうところの宗教とコアな個人の信仰の問題はいつも別だと思っていますから。

意見が違う人を受け入れるのってホントに難しい。人類の課題って後にも先にもこれにつきると思うのですが。歴史上、違いを受け入れることができたときもあったはずですから、それに期待するしかない。
「自由と平和」が胡散臭い。確かにそうですね。現に世界は不安定極まりないですから。日本も含めて・・・。「ウソは泥棒の始まり」とはよく言ったものです。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「カナの空爆」



ずっと気になっていた事。
それはここ数週間にわたるイスラエル軍とヒズボラの戦い。
日本からレバノンは遠く、関心が高まらないのは仕方がないとしても、
外の世界では今このニュースで持ちきりだ。

とうとう多くの民間人が犠牲になってしまった。
イスラエル軍の空爆で57人が犠牲になった。
その内、子供は37人。
さらに障害を持った子供が15人ほどいたという。

空爆の場所はそう、あの聖なるカナ。
新約聖書に出てくる「カナの婚礼」の話は
西欧社会では誰でも知っている。
婚礼で葡萄酒が足りなくなった後、キリストが瓶の水を
葡萄酒に変えてしまうという最初の奇跡を行った場所。
そのカナでの空爆。

いつになったら彼らは武器を置けるのだろう。
聖なる地での悲しい出来事に身が震える思い。

そして、この地方を含む中東一帯は
ダマスク・ローズの故郷でもある。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://skyrosarium.blog69.fc2.com/tb.php/38-ab601beb

0件のトラックバック

4件のコメント

[C507] 私も

毎日怒りに震えていますよ。
頭にきすぎてblogに書きたくても書けない。
落ち着いたら自分なりに整理してみようと思っていますが・・・
もとはといえばヒズボラが生まれたのは
24年前にイスラエルがレバノン南部侵攻した際に、レバノン市民が自衛の為に作った民兵組織。
ヒズボラ解散をうたうのなら、誰が作らせたか考えるべきです。
しかもテロ組織と呼んでも、アルカイダとは違って、学校や病院、慈善活動で国民を救ってきた実績がある組織。国民支持の高い与党でもあります。ハマスと同じ。
簡単に解散はできない。
もちろんテロは許されないけれど。

そして犠牲になるのはいつも罪のない人々、子供達です。
レバノン市民の犠牲が400人超えたのに対し、イスラエルの犠牲は40人。
テロの報復といいながら、国家組織で無実の市民を虐殺することはテロじゃないのでしょうか。
こんなの報復でもなんでもなく侵略戦争です。パレスチナに対してもそう。
国単位でテロ行為を行っているのだということに米は言及すべきです。
なめられ顔を泥で塗られているのにまるで腑抜け。ローマ法王ですら即時停戦を求めてるのに。

イギリスの過去の過ちのせいで今もってなお罪のない人がこんなにも犠牲になるなんて。
あんたたちの二枚舌のせいでこうなったのに、手に負えなくなって国連に投げた結果がこれよ。
もっと責任を感じて動いてしかるべき!と言いたい。
エルサレムはキリスト教、ユダヤ教、イスラム教他にとっての聖地。一国が収めるのではなく、バチカンのように聖職者が納める土地にするべきだったと思っています。
第三次世界大戦は宗教戦争になると昔から言われていましたが、まさにそうなりつつあります。恐ろしく悲しいことです。
IRAとSASが連鎖を断ち切ったようにできなければ、この状況はまだまだ長く続くでしょうし、犠牲は増えますよね。

大国は自国が攻められると過剰に反応するくせに、他国だと国益や利害ばっかりが見え隠れ。
何をおいても大事な「命」が後回しになっていて悲しいことです。
長くなってすみません。

[C508] 早く停戦になればいいですよね。

みゅえりさん、こんにちは。
怒っていらっしゃいますね~。^^;
そりゃそうですよね。ちょっと一方的過ぎる攻撃になってきましたもん。
ようやく日本でも報道され始めましたが、
新聞でも一面飾るようになったのに、TVの
ニュース番組を見ると、トップニュースにこれが来ない番組もあるようで。やはり日本のTVの報道のあり方に首をかしげてしまう今日この頃です。おもしろおかしけりゃいいのかと。まあ、あまり目くじら立てても仕方ないんですが。

それにしてもみゅえりさんの解説、とても分かりやすいですね!ありがとうございます。
CNNを見ていると「これが第三次世界大戦の入口になるかもしれない」なんてコメントが聞こえてきます。そんなことを聞くと、日本人はやはり平和なんだな、とつくづく思ってしまいます。そんなこと考える人いませんもの。とてもいいことなんですけどね。ですが、やはりよその国の人の痛みは感じる心は持っていたいな、と。今回の紛争はアメリカ人にそう言わせるほどの何かがあるのかも知れませんね。


今回は少しテーマが壮大かも知れません。^^;

[C516] 思い遣る心です。

kazuさんへ。
この記事からは微妙に外れるかもしれないけれど……極論を言ってしまうと、今、世界中で起こっている紛争、戦争をなくすのは不可能ですね。それらは殆ど総てと言っていいほど宗教絡みです。それぞれの宗教の原点って何でしょう?弱い者に手を差し伸べ、人を受け入れ愛する事じゃないでしょうか。kazuさんが前の記事で僕の返事に書いていらした「思い遣り」ですよ。なぜ、自分と違う考え方の人を受け入れようとしないのか?思い通りにならないと力づくで押さえようとするのか?おそらく、自分と違う考えを受け入れるのがとてつもなく恐ろしいのでしょう。恐くて恐くて仕方がない……だから攻撃する。考え方が偏狭で弱い人達……そう言う人たちにとっては命なんて屁でもないんですよ。国の利益ため?そう言いつつ、結局、突き詰めると自分の利益のためじゃないですか。今ほど「自由と平和」と言う単語が虚しく響く時代はありませんね。この「自由と平和」と言う言葉、ある種のリトマス試験紙になっていて、この言葉を口にしてみると、如何に嘘つきかどうかが分かります。某超大国の指導者がいい例です。 刺々しい世の中になって来ました、嘆いてばかりではいけないのですが……。

[C517] ブノワ。さん、こんばんは。

ブノワさん、コメントありがとうございます。
ボクも戦争をなくすのはほぼ不可能だと思います。そこの意見は賛成です。ただ、すべての戦争が宗教がらみかどうかはボクには計り知れない事です。どこまでが宗教でどこまでが宗教じゃないか・・・。う~ん、やはり難しいな。宗教がらみだろうと経済がらみだろうと結局は国益戦争になる、とボクは思うんです。理由なんていくらでも作れるるし、宗教なんてお題目にすぎない。宗教に「思い遣り」があるのか?ボクは無いと思います。だから戦争だって起こせる。ボクはマスでいうところの宗教とコアな個人の信仰の問題はいつも別だと思っていますから。

意見が違う人を受け入れるのってホントに難しい。人類の課題って後にも先にもこれにつきると思うのですが。歴史上、違いを受け入れることができたときもあったはずですから、それに期待するしかない。
「自由と平和」が胡散臭い。確かにそうですね。現に世界は不安定極まりないですから。日本も含めて・・・。「ウソは泥棒の始まり」とはよく言ったものです。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

kazu

Author:kazu
東京都在住、196×年生まれ、男性。
英語教師をしながらベランダでオールドローズ、クレマチス、ヘレボルス等の植物を育てています。そして愛犬、茶々丸との生活・・・。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おことわり

画像の無断使用はお控え下さいますようお願いいたします。ブログ内の画像・文の著作権は管理人kazuの所有となっております。 コメントを残してくださってありがとうございます。コメントに関しましては、他者への中傷、罵詈雑言、過度な議論等は避けていただきますようお願いいたします。そのようなコメントがあった際には、管理人の判断で削除することもありますので、あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。 ご意見・連絡等ございましたら、メールフォームより管理人にお知らせ下さい。 copyright(C)2006 rosarium in the sky, All Rights Reserved.

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。