Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://skyrosarium.blog69.fc2.com/tb.php/60-a9c40c09

-件のトラックバック

-件のコメント

[C816] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C817]

kazuさん、こんにちは
お久しぶりです。大変でしたね。
私も先月、大好きだった叔母が。。
大切な人のこと、思いながらもまた
自分の生活は続いていくけれど、
少しずついつものペースに近づいているようですね。元気になられてよかったです。
  • 2006-09-21
  • ミモザ
  • URL
  • 編集

[C818] おはようございます。

お帰りなさい…

のんきな書き込みをして申し訳ありませんでした。
心より御悼み申し上げます。

花が心の痛みを和らげてくれたら
いいなと思います。
今は金木犀が風の中に香っていますね。

またバラのこと教えてくださいね。

[C819] ミモザさん、ご無沙汰です。^^

ミモザさん、お元気ですか?
ミモザさんも悲しい思いをされたのですね。大切な人を亡くすと、しばらくは毎日の生活との折り合いを見つけるのが大変な気がします。ミモザさんもそうだったのでは?
優しい言葉、ありがとうございます。^^

[C820] minibaramamaさん、おはようございます。

いえいえ、とんでもない。こうしてコメントをいただけるだけでとてもありがたいんですよ。minibaramamaさんのコメントにはいつもパワーをもらっています。優しい言葉をありがとう。

金木犀の香り、通りを歩いていると、漂ってきますね。いい季節になってきました。^^

[C821] 鍵コメ下さった方へ。

優しい言葉ありがとうございます。
ボクもまったく同感です。
ああしておけばよかった・・・など、確かにいろいろと考え込んでしまいます。皆さん同じなのですね。
ボクも見習って、毎日を心豊かに過ごさせていただきたいと思います。

ティーはお好きですか?
ボクはティーには目がありません。^^

[C822]

kazuさん そうだったのですか
お悔やみ申し上げます。
大変なショックをかみしめ、そこから立ち上がろうとしているkazuさんにエールを送ります。
  • 2006-09-21
  • フレグランス
  • URL
  • 編集

[C823] フレグランスさん、おはようございます。

フレグランスさん、優しいお言葉、ありがとうございます。
ショックをかみ締めるというか・・・、非常に若くして亡くなった兄なので、自分もついつい死というものをじっくりと考えてしまったのですよ。

またバラの極意、是非教えていただきたいです。^^

[C824] お帰りなさい

kazuさん、とてもつらい思いをされたのかと思うと、改めてなんと言葉をかけていいのか・・・正直そんな思いです。つらかったでしょう?少しでも早く、痛んだ心が癒えることを願っています。

でも、僕らもこうしてkazuさんの言葉に元気をもらっています。癒されているんですよ。このページを開くのが楽しみなんです。決して無理はしないで欲しいのですが、でもこれからも、kazuさんのやさしい感性と素敵なことばを楽しみにさせていただきます。

また、来ます。

[C825] ただいま(笑)。

そんな風に言ってもらえて感謝です。優しい言葉ありがとう。
まあ、辛いというよりも人の「死」というものをしばし考え、当然ながらいつかは自分にも起こるものなのだと改めて考え込んでしまった次第です。そんなに大げさなもんじゃないんだけどね。

ブログの再開は何よりもボクがよろこんでいます。相変わらずだらだらと書いていますが、自分の日記を楽しんでくれる人がいるって幸せなことですね。そんな風に言ってもらえて嬉しいです。

NYはもう大分涼しいのかな?またお便りお待ちしています。^^

[C826] こんばんは

そうだったのですか。
kazuさんのお兄様ではとてもお若かったのでしょうね。
人の死は、若ければ若いほど痛ましいです。
・・・年寄りなら痛ましくないというわけではありませんが。(来年100歳の祖母にはもっと長生きして欲しいですし)

お兄様の思い出、大切になさってくださいね。
そして、また元気に前進してください。

更新楽しみにしています。

[C827] あっちゃんさん、お久しぶりです。^^

あっちゃんさん、こんばんは。
優しい言葉をどうもありがとうございます。
まあ、適当に楽しく生活しております。
あっちゃんさんちのバラにも癒されながら・・・(笑)。
更新はぼちぼち・・・ですかね。のんびりやっていますので、よかったらいつでも遊びに来てくださいね。バラしかありませんが(笑)。

来年100歳になるおばあさま、お元気で何よりです。家族には日々健康であってほしいですよね。あっちゃんさんのおばあさまへの思い、どうぞ伝わりますように。^^

[C828] こんばんは。

こころからお悔やみ申し上げます。
夫の父の、もうすぐ1周忌なのです。この1年間、大好きだった義父の思い出話をたくさんしてきました。そんなときは義父も話に加わっているような、ふしぎな錯覚に浸りたくて・・。
痛みでなく、やさしい思いでkazuさんの心が癒されますようにお祈りしています。

[C829] きんぎょ。さん、お久しぶりです。^^

そうでしたか。
きんぎょ。さん、大切なお義父様をなくされたのですね。楽しい思い出話に浸れるくらい楽しい団欒があったのだなと想像します。心からお義父様のご冥福をお祈りいたします。

ボクの方はいたって元気!
ボチボチ生活を元に戻しつつあります。
優しいお言葉、感謝です。どうもありがとう、きんぎょ。さん。^^

[C830] こんばんは

kazuさん、こんばんは

はじめてお邪魔致します

本日は私のブログにコメントをいただきましてありがとうございました

私のところと違ってとても繊細なブログですね。
私ももう少し繊細な感覚を持ってみたいです^^;

プロフを拝見したらわりと近い年齢かもです^^。

未熟者ですがこれを機会にどうぞ宜しく御願い致します

  • 2006-09-21
  • 父さん
  • URL
  • 編集

[C831] 父さん、こんばんは。

父さん、こんばんは。ようこそです。
今日はいろいろと教えていただいて恐縮しております。ありがとうございました。
例の資材、本当に試そうと思っているんですよ。この後、注文するつもりです。

近い年齢ですか?そうですか!では、これを機会に是非よろしくお願いします!ボクの方こそ未熟者ですから、バラの栽培等これからもいろいろと教えていただくことばかりかと思いますが・・・。^^

次回、コメント残す際、よかったらURL残してくださいね。^^

[C832] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C833] お帰りなさい。

いつの間にか秋風が心地よい季節となり、庭弄りもし易い気候になりました。北鎌倉は秋の行楽シーズンを迎えます。

 秋のバラはいかがですか?うちの庭は一期咲きのバラが多いので、この時期は閑散としています。元気なのはハーブ類だけ、でも山野草が美しい季節なので、山歩きが楽しみです。こちらのバラのお話だけで充分楽しませていただいておりますから。

[C834] 秋の北鎌倉

mikiさん、こんばんは。
あと2ヶ月ほどで北鎌倉も紅葉の見事な季節になりますね。
ボクもひょっこり出かけてみるかもしれません。^^

秋のバラは今から楽しみです。今年は黒点にやられた株もありますが、比較的、葉が残ったので少しは期待できそうです。秋のティーローズは本当に格別です。

[C835] 鍵コメ下さった方へ。

こんばんは。
優しいお言葉、ありがとうございます。
そうですね・・・。ボクらの年代からこうしたことが少しづつ始まっていくのかもしれません。ボクの中のいろいろな思い、色あせることなく持ち続けていきたいです。

いつかお会いしたいですね。その日が来るのを楽しみにしております。^^
その際は是非バラ談義に花を咲かせましょう。

[C836]

kazuさんおかえりなさい。
突然ご旅行・・・?と思っていました。
大変でしたね。心からお悔や申し上げます。
たった一人のお兄様を亡くされ、さぞ心落としの事と思います。
私も数年前、たった一人の弟を亡くしました。
両親が他界したのが早かったので、何事も弟と励まし合っていた私には、それはそれはショックで、体調をしばらく崩してしまったくらいです。
私に親を亡くすより、弟を亡くしたときの方が、
なかなか立ち直らなかったように思います。
kazuさん、充分身体には気を付けてお過ごしくださいね。
そして、kazuさんと同じように気を落とされていらっしゃるご両親を大切になさってあげてくださいね。

[C837] お久しぶりです。^^

コーネリアさん、こんにちは。
コーネリアさんもご両親はじめ弟さんまで早くに亡くされたのですね。当時のショックはいかばかりかとお察しします。それを乗り越え今を生き生きと生活なさっていらっしゃるコーネリアさんに頭が下がる思いです。
ボクもしっかりしなければいけませんね。
ボクも父を10代の頃に亡くし、今、母は認知症で施設に預けています。今回の兄のことを理解することはもうありません。母からしたら幸いかもしれませんが。
そんなこんなで今回のことはボクにとって乗り越えるべき壁なのかもしれません。一歩一歩着実に「平常心でいる心」を持てればと思っています。^^

優しいお言葉、ありがとうございました。

[C842]

kazuさん、こんにちは。

お久しぶりです。
心よりお悔やみ申し上げます。
私も10年前祖父が亡くなった時、身近な人の死について考えました。
祖父はパーキンソン病で私が物心付いたときは、もう、杖をついてゆっくりとしか歩けない状態でした。年月が経つに連れて一人では歩けなくなり家の中でも、どこに行くにも車椅子になってしまいました。祖父の事は好きだけど、まだ子供だったのでそんな状態の祖父を恥ずかしく思ったこともあります。でも、祖父が亡くなって少し経ってから、もっと色んな事をしてあげればよかったな、っと後悔しました。そして去年、母方の祖母は脳梗塞で倒れて認知症に、父方の祖母は脳内出血で左半身麻痺になってしまいました。なので、祖父を亡くした時の様な後悔をしないように、私に出来る事を少しでもしてあげたいと思っています。

[C843] ご冥福をお祈りいたします。

お兄様のご逝去と悼み、ご冥福をお祈りいたします。
お兄様との別れはさぞおつらいと思います。
そうした中でも、こうしてまた記事を更新していただけて、拝見できて嬉しいです。

私は両親・妹の4人家族ですが、まだだれも亡くしていません。60代の両親も細かい病気はあってもまだまだ元気です。
自分も含めて肉体の消滅を考えると、全身に鳥肌が走るので、日ごろは考えないようになってしまいます。
今から自分の老後もきちんと考えないといけないなと思っています。
そのためにも、早く(両親が元気なうちに)目標を達成したいと思っています。

kazuさんのお早い元気復活もお祈りしています。
ではまた。

[C845] akikoさん、こんにちは。

akikoさん、優しい言葉、どうもありがとうございます。
akikoさんもご家族のことではいろいろと辛い経験があるのですね。ブログ等では本来そういったことを話す場ではないので、普段は計りしれないことですが、たまたま、今回はボクのことでこんな風に皆さんとお話する機会があり、akikoさん始め、皆さんの歩んでこられた道を多少なりとも知ることができました。
人は不思議なもので、大切な人を亡くしたり、自分が病に倒れることではじめて命というものを痛切に感じたりするんですよね。今回のボクは正にそうだったんです。普段は目を背けがちな「死」というものをこのときばかりは少し立ち止まって考えてみるに至りました。もちろん、時がたつと共にまた普段の生活に戻っていくのですが。また、そちらの方がより健全ではあるように思いますが・・・。
akikoさんのおじいさま、あばあさま、どうぞ大切にしてあげてください。^^

[C846] 水人さん、こんにちは。

水人さん、優しい言葉、ありがとうございます。
水人さんのご家族、皆さんお元気だということで何よりです。
「肉体の消滅」・・・。正にそれこそ今回ボクが感じた恐怖でした。それは実は今も続いています。考えないようにしても、実際に兄の姿を見て以来、しばしじっくりと考え込んでしまいました。柄にもなく・・・。^^;でもですね・・・、もうかなり元気なんですよ。こんな風にご心配いただいて恐縮ですが、ブログもボチボチやっていこうと思っています。よかったらまた遊びに来てください。

水人さん、ご両親共々、ご多幸がありますように。また、早くに目標達成がかなうといいですね。陰ながら応援しております。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

耳目、心地よく



さて、久しぶりの更新です。

更新をしなくては、とずっと気にはなっていたのですが、
正直言ってなかなかそんな気になれませんでした。

先日、たった一人の兄が亡くなりました。
これまで身内の死というものを深く考える事のなかった
ボクは、ボクなりにですが多少なりとも衝撃を受けてしまった
わけで、そんなこんなで更新がご無沙汰になってしまいました。

バタバタしていたここ数週間。
ようやく落ち着きを取り戻し、ボク自身も普段の生活に戻り、
仕事も忌引きから復活し、習い事なども今日からスタートできました。
いろいろやるっていいものですね。
何と言っても、人と会うことで気持ちに力が沸いてきます。
人とのつながりで助けられている自分がいることを実感します。

ネット上であるがゆえ、あまりに私的なことを書くのは避けてきたボクですが、心温まるメール等を頂戴し、ご心配いただいた方もいらっしゃるので、
今回はお礼も兼ねて思い切って兄のことを書いた次第です。
励ましのメールを下さった皆さん、どうもありがとうございました。



閑話休題。
窓を開け放し、夕方の空気を部屋へ取り込むと、
あちこちから虫の合唱が聞こえてきます。
薄暮も爽やかに目を楽しませ、秋にゆっくりと身を委ね、
五感の刺激を受けながら、「ああ、日本人で良かったな…。」
なんて月並みなことを思ってしまいました。

ベランダに目をやると、一輪儚げにティーローズ。
青味の強いピンクはもっと華やかなはずなのに、
薄暮でもやがかかったように見えます。
ティーって、「和」の雰囲気たっぷりだと思いませんか?

今日のティーローズは、Mrs B.R. Cant(ミセス・B.R.・カント)。
1901年、イギリスでの古い作出。
香りも良しです。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://skyrosarium.blog69.fc2.com/tb.php/60-a9c40c09

0件のトラックバック

26件のコメント

[C816] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C817]

kazuさん、こんにちは
お久しぶりです。大変でしたね。
私も先月、大好きだった叔母が。。
大切な人のこと、思いながらもまた
自分の生活は続いていくけれど、
少しずついつものペースに近づいているようですね。元気になられてよかったです。
  • 2006-09-21
  • ミモザ
  • URL
  • 編集

[C818] おはようございます。

お帰りなさい…

のんきな書き込みをして申し訳ありませんでした。
心より御悼み申し上げます。

花が心の痛みを和らげてくれたら
いいなと思います。
今は金木犀が風の中に香っていますね。

またバラのこと教えてくださいね。

[C819] ミモザさん、ご無沙汰です。^^

ミモザさん、お元気ですか?
ミモザさんも悲しい思いをされたのですね。大切な人を亡くすと、しばらくは毎日の生活との折り合いを見つけるのが大変な気がします。ミモザさんもそうだったのでは?
優しい言葉、ありがとうございます。^^

[C820] minibaramamaさん、おはようございます。

いえいえ、とんでもない。こうしてコメントをいただけるだけでとてもありがたいんですよ。minibaramamaさんのコメントにはいつもパワーをもらっています。優しい言葉をありがとう。

金木犀の香り、通りを歩いていると、漂ってきますね。いい季節になってきました。^^

[C821] 鍵コメ下さった方へ。

優しい言葉ありがとうございます。
ボクもまったく同感です。
ああしておけばよかった・・・など、確かにいろいろと考え込んでしまいます。皆さん同じなのですね。
ボクも見習って、毎日を心豊かに過ごさせていただきたいと思います。

ティーはお好きですか?
ボクはティーには目がありません。^^

[C822]

kazuさん そうだったのですか
お悔やみ申し上げます。
大変なショックをかみしめ、そこから立ち上がろうとしているkazuさんにエールを送ります。
  • 2006-09-21
  • フレグランス
  • URL
  • 編集

[C823] フレグランスさん、おはようございます。

フレグランスさん、優しいお言葉、ありがとうございます。
ショックをかみ締めるというか・・・、非常に若くして亡くなった兄なので、自分もついつい死というものをじっくりと考えてしまったのですよ。

またバラの極意、是非教えていただきたいです。^^

[C824] お帰りなさい

kazuさん、とてもつらい思いをされたのかと思うと、改めてなんと言葉をかけていいのか・・・正直そんな思いです。つらかったでしょう?少しでも早く、痛んだ心が癒えることを願っています。

でも、僕らもこうしてkazuさんの言葉に元気をもらっています。癒されているんですよ。このページを開くのが楽しみなんです。決して無理はしないで欲しいのですが、でもこれからも、kazuさんのやさしい感性と素敵なことばを楽しみにさせていただきます。

また、来ます。

[C825] ただいま(笑)。

そんな風に言ってもらえて感謝です。優しい言葉ありがとう。
まあ、辛いというよりも人の「死」というものをしばし考え、当然ながらいつかは自分にも起こるものなのだと改めて考え込んでしまった次第です。そんなに大げさなもんじゃないんだけどね。

ブログの再開は何よりもボクがよろこんでいます。相変わらずだらだらと書いていますが、自分の日記を楽しんでくれる人がいるって幸せなことですね。そんな風に言ってもらえて嬉しいです。

NYはもう大分涼しいのかな?またお便りお待ちしています。^^

[C826] こんばんは

そうだったのですか。
kazuさんのお兄様ではとてもお若かったのでしょうね。
人の死は、若ければ若いほど痛ましいです。
・・・年寄りなら痛ましくないというわけではありませんが。(来年100歳の祖母にはもっと長生きして欲しいですし)

お兄様の思い出、大切になさってくださいね。
そして、また元気に前進してください。

更新楽しみにしています。

[C827] あっちゃんさん、お久しぶりです。^^

あっちゃんさん、こんばんは。
優しい言葉をどうもありがとうございます。
まあ、適当に楽しく生活しております。
あっちゃんさんちのバラにも癒されながら・・・(笑)。
更新はぼちぼち・・・ですかね。のんびりやっていますので、よかったらいつでも遊びに来てくださいね。バラしかありませんが(笑)。

来年100歳になるおばあさま、お元気で何よりです。家族には日々健康であってほしいですよね。あっちゃんさんのおばあさまへの思い、どうぞ伝わりますように。^^

[C828] こんばんは。

こころからお悔やみ申し上げます。
夫の父の、もうすぐ1周忌なのです。この1年間、大好きだった義父の思い出話をたくさんしてきました。そんなときは義父も話に加わっているような、ふしぎな錯覚に浸りたくて・・。
痛みでなく、やさしい思いでkazuさんの心が癒されますようにお祈りしています。

[C829] きんぎょ。さん、お久しぶりです。^^

そうでしたか。
きんぎょ。さん、大切なお義父様をなくされたのですね。楽しい思い出話に浸れるくらい楽しい団欒があったのだなと想像します。心からお義父様のご冥福をお祈りいたします。

ボクの方はいたって元気!
ボチボチ生活を元に戻しつつあります。
優しいお言葉、感謝です。どうもありがとう、きんぎょ。さん。^^

[C830] こんばんは

kazuさん、こんばんは

はじめてお邪魔致します

本日は私のブログにコメントをいただきましてありがとうございました

私のところと違ってとても繊細なブログですね。
私ももう少し繊細な感覚を持ってみたいです^^;

プロフを拝見したらわりと近い年齢かもです^^。

未熟者ですがこれを機会にどうぞ宜しく御願い致します

  • 2006-09-21
  • 父さん
  • URL
  • 編集

[C831] 父さん、こんばんは。

父さん、こんばんは。ようこそです。
今日はいろいろと教えていただいて恐縮しております。ありがとうございました。
例の資材、本当に試そうと思っているんですよ。この後、注文するつもりです。

近い年齢ですか?そうですか!では、これを機会に是非よろしくお願いします!ボクの方こそ未熟者ですから、バラの栽培等これからもいろいろと教えていただくことばかりかと思いますが・・・。^^

次回、コメント残す際、よかったらURL残してくださいね。^^

[C832] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C833] お帰りなさい。

いつの間にか秋風が心地よい季節となり、庭弄りもし易い気候になりました。北鎌倉は秋の行楽シーズンを迎えます。

 秋のバラはいかがですか?うちの庭は一期咲きのバラが多いので、この時期は閑散としています。元気なのはハーブ類だけ、でも山野草が美しい季節なので、山歩きが楽しみです。こちらのバラのお話だけで充分楽しませていただいておりますから。

[C834] 秋の北鎌倉

mikiさん、こんばんは。
あと2ヶ月ほどで北鎌倉も紅葉の見事な季節になりますね。
ボクもひょっこり出かけてみるかもしれません。^^

秋のバラは今から楽しみです。今年は黒点にやられた株もありますが、比較的、葉が残ったので少しは期待できそうです。秋のティーローズは本当に格別です。

[C835] 鍵コメ下さった方へ。

こんばんは。
優しいお言葉、ありがとうございます。
そうですね・・・。ボクらの年代からこうしたことが少しづつ始まっていくのかもしれません。ボクの中のいろいろな思い、色あせることなく持ち続けていきたいです。

いつかお会いしたいですね。その日が来るのを楽しみにしております。^^
その際は是非バラ談義に花を咲かせましょう。

[C836]

kazuさんおかえりなさい。
突然ご旅行・・・?と思っていました。
大変でしたね。心からお悔や申し上げます。
たった一人のお兄様を亡くされ、さぞ心落としの事と思います。
私も数年前、たった一人の弟を亡くしました。
両親が他界したのが早かったので、何事も弟と励まし合っていた私には、それはそれはショックで、体調をしばらく崩してしまったくらいです。
私に親を亡くすより、弟を亡くしたときの方が、
なかなか立ち直らなかったように思います。
kazuさん、充分身体には気を付けてお過ごしくださいね。
そして、kazuさんと同じように気を落とされていらっしゃるご両親を大切になさってあげてくださいね。

[C837] お久しぶりです。^^

コーネリアさん、こんにちは。
コーネリアさんもご両親はじめ弟さんまで早くに亡くされたのですね。当時のショックはいかばかりかとお察しします。それを乗り越え今を生き生きと生活なさっていらっしゃるコーネリアさんに頭が下がる思いです。
ボクもしっかりしなければいけませんね。
ボクも父を10代の頃に亡くし、今、母は認知症で施設に預けています。今回の兄のことを理解することはもうありません。母からしたら幸いかもしれませんが。
そんなこんなで今回のことはボクにとって乗り越えるべき壁なのかもしれません。一歩一歩着実に「平常心でいる心」を持てればと思っています。^^

優しいお言葉、ありがとうございました。

[C842]

kazuさん、こんにちは。

お久しぶりです。
心よりお悔やみ申し上げます。
私も10年前祖父が亡くなった時、身近な人の死について考えました。
祖父はパーキンソン病で私が物心付いたときは、もう、杖をついてゆっくりとしか歩けない状態でした。年月が経つに連れて一人では歩けなくなり家の中でも、どこに行くにも車椅子になってしまいました。祖父の事は好きだけど、まだ子供だったのでそんな状態の祖父を恥ずかしく思ったこともあります。でも、祖父が亡くなって少し経ってから、もっと色んな事をしてあげればよかったな、っと後悔しました。そして去年、母方の祖母は脳梗塞で倒れて認知症に、父方の祖母は脳内出血で左半身麻痺になってしまいました。なので、祖父を亡くした時の様な後悔をしないように、私に出来る事を少しでもしてあげたいと思っています。

[C843] ご冥福をお祈りいたします。

お兄様のご逝去と悼み、ご冥福をお祈りいたします。
お兄様との別れはさぞおつらいと思います。
そうした中でも、こうしてまた記事を更新していただけて、拝見できて嬉しいです。

私は両親・妹の4人家族ですが、まだだれも亡くしていません。60代の両親も細かい病気はあってもまだまだ元気です。
自分も含めて肉体の消滅を考えると、全身に鳥肌が走るので、日ごろは考えないようになってしまいます。
今から自分の老後もきちんと考えないといけないなと思っています。
そのためにも、早く(両親が元気なうちに)目標を達成したいと思っています。

kazuさんのお早い元気復活もお祈りしています。
ではまた。

[C845] akikoさん、こんにちは。

akikoさん、優しい言葉、どうもありがとうございます。
akikoさんもご家族のことではいろいろと辛い経験があるのですね。ブログ等では本来そういったことを話す場ではないので、普段は計りしれないことですが、たまたま、今回はボクのことでこんな風に皆さんとお話する機会があり、akikoさん始め、皆さんの歩んでこられた道を多少なりとも知ることができました。
人は不思議なもので、大切な人を亡くしたり、自分が病に倒れることではじめて命というものを痛切に感じたりするんですよね。今回のボクは正にそうだったんです。普段は目を背けがちな「死」というものをこのときばかりは少し立ち止まって考えてみるに至りました。もちろん、時がたつと共にまた普段の生活に戻っていくのですが。また、そちらの方がより健全ではあるように思いますが・・・。
akikoさんのおじいさま、あばあさま、どうぞ大切にしてあげてください。^^

[C846] 水人さん、こんにちは。

水人さん、優しい言葉、ありがとうございます。
水人さんのご家族、皆さんお元気だということで何よりです。
「肉体の消滅」・・・。正にそれこそ今回ボクが感じた恐怖でした。それは実は今も続いています。考えないようにしても、実際に兄の姿を見て以来、しばしじっくりと考え込んでしまいました。柄にもなく・・・。^^;でもですね・・・、もうかなり元気なんですよ。こんな風にご心配いただいて恐縮ですが、ブログもボチボチやっていこうと思っています。よかったらまた遊びに来てください。

水人さん、ご両親共々、ご多幸がありますように。また、早くに目標達成がかなうといいですね。陰ながら応援しております。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

kazu

Author:kazu
東京都在住、196×年生まれ、男性。
英語教師をしながらベランダでオールドローズ、クレマチス、ヘレボルス等の植物を育てています。そして愛犬、茶々丸との生活・・・。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おことわり

画像の無断使用はお控え下さいますようお願いいたします。ブログ内の画像・文の著作権は管理人kazuの所有となっております。 コメントを残してくださってありがとうございます。コメントに関しましては、他者への中傷、罵詈雑言、過度な議論等は避けていただきますようお願いいたします。そのようなコメントがあった際には、管理人の判断で削除することもありますので、あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。 ご意見・連絡等ございましたら、メールフォームより管理人にお知らせ下さい。 copyright(C)2006 rosarium in the sky, All Rights Reserved.

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。